DIYで快適な生活を

【DIY】天井一面14mのキャットウォークを安く1万円(6500円に減額可能)で作りました。写真多めで。設計ポイント(注意ポイント)を丁寧に記載。

天井一面14mキャットウォークを安く1万円(6500円に減額可能)で作りました。写真多めで分かりやすさを心がけました。毎日、登ったり、降りたり、してくれています。たまに、上から、人間の頭を触ろうとして、落ちそうになる事も(^^)
・設計ポイント(注意ポイント)を丁寧に記載しました。

業者さんに頼まないと、天井一面14mのキャットウォークは、無理では?

雲くん
雲くん
設計ポイント(注意ポイント)を、つかめば、簡単ですよ。猫も、きっと満足します。
  

キャットウォークは、猫の運動量を増やせます

皆さんのキャットウォークをみていて、欲しくなりました。それまでも、棚の上とか、高い所が大好きだったので… 運動量が必要なベンガル猫には、必要とも聞きました。

まず、購入を考えました。全体構成としては、「キャットタワー(上り下りのため)」と「天井近くの通路板」です。前者は、Amazonで購入しました。後者に、すごく、悩みました。それぞれ、ご説明します。

キャットタワー(上り下りが目的)

・市販品を約8000円(高さは約2.5m)で購入しました。自作も考えましたが、以下の点で購入にしました。もちろん、これらの点が満足できれば、自作でも構いません。例えば、「キャットタワー、高さは約2.5m、約8000円」。
【ForestCat】木登り キャットタワー 突っ張り 高さ245~265cm

倒れない安全性 ・基本的に細長い形になるので、最下部が広がっている必要があります。
中心棒を太く ・天井まで約2.5mが必要なので、細いとグラグラします。太い必要があります。
ジャンプ台とその取り付け 最も重要です。中心棒に水平にジャンプ台を付けて、そのジャンプ台が、猫が乗っても、飛んでも、グラグラしない強度が必要です。
ジャンプ台に横からも乗れる ・ジャンプ台に横からも乗れた方が、自由度が高いです。うちでは、近くの食卓から、中段のジャンプ台に直接、乗っています。
価格 ・1万円以下で
出来れば項目 ・「天井に穴開けは避けたいので、突っ張り棒形式で」「爪とぎ用の麻紐」です。

 

自作版(約2000円)は、他の部屋で、現役です。内部リンク(本ブログ内)をしておきます。ご参考まで。これをトライしていれば、購入しなかったのですが、残念です。

【DIY】キャットタワーを簡単に安く2000円で作りました。写真多めで、設計ポイント(安全ポイント)を丁寧に記載。キャットタワーを簡単に安く2000円で作りました。写真多めで、分かりやすさを心がけました。設計ポイント(安全ポイント)を丁寧に記載しました。特に、キャットタワーは、段差と滑り止めが重要です。...

天井近くの通路板

・キャットタワーの場所は決めたので、後は、「通路板」をどこに付けるかです。全体概略図を以下に示します。①~⑥のそれぞれの場所の作り方ポイント/設計ポイントをご説明します。
・①左と②左の縦の通路板で2.5m×2=5mで、他の縦/横の通路版で3m×3=9mで、計14mキャットウォークの長さです。

①部屋中央(天井キャットウォークに格子戸の活用)

・部屋中央ですが、そこには天井ライトがあります。従って、部屋が暗くなるのを避けるために、格子戸(6本)の通路板にしました(全体概略図の「①」と「②の左」の縦方向の2箇所)。「格子戸」に関して、内部リンク(本ブログ内)を紹介しておきます。横方向に力がかかるので、リンク先の「格子戸(中級)」としました。

【DIY】「和」を感じる格子戸(格子扉)の作り方まとめ。間隔均等な内枠方式がベスト。設計ポイント(注意ポイント)を丁寧に記載。「和」を感じる「格子戸(格子扉)、猫ドア」の作り方で、設計ポイント(注意ポイント)を丁寧に記載しました。間隔均等な内枠方式がベストです。ストックヤードの目隠しにも活用しました。猫ドア/間仕切り/パーテーションにも、使えるモノです。...

・「左右の端が35mm角、長さ2.5m」、「中の4本が15mm×40mm、長さ2.5m」で、隙間が40mmなので、合計の幅は約40cm(425mm)となります。つまり、2.5m×6本となります。
・例えば、「35mm角×長さ2m(赤松)、約240円」がホームセンターでありました。私は、長さ2mでも曲がらないので、35mm角をよく使います。「15mm×40mm、約2.5m、300円」も同様です。

・なお、中の4本は、軽くするため、薄いので、2.5mの中央でたわまないために横板で補強してあります。今後、同様なモノを作製する場合は、約30cmで良いかもしれません。少し広すぎた感がありますので。

・格子状の通路板を、載せた個所です。「L字金具」で落ちないように。例えば、「L字金具、36mm、1個、約200円」。
MYST(マイスト) 取付金具(カチオン電着) 黒色 幅15×長さ36×36×厚み2mm (6001) DIY用

・猫が乗った所です。天井ライトの光も下に通っており、隙間が40mmなので、猫が落ちる心配もありません。避けたいのは、「通路板のために、部屋が暗くなる」です。関連記事で「天井キャットウォークに格子戸の活用」がリンク先にあります。「格子戸」の活用範囲は広いです。https://daijoubudayo.com/diy/catwalk_lattcedoor/

   

猫用ハンモック(安全ネット)通路板に渡しています。こちらで昼寝もよく見かけます。「安全ネット(転落防止ネット)」を活用しました。例えば、「転落防止ネット(安全ネット)、1m×3m、約2000円」。
安全ネット 防護ネット 階段ネット 子供 幼児 転落防止網 簡単設置 丈夫 取り付けバンド付属 目合:35mm 1×3m

②キャットタワー近く

ジャンプ台に乗っている所です。猫も楽しそうです。

・キャットタワーが天井への突っ張り棒方式なので、ネジが緩んで、何回か傾きました。それを防ぐために、三角上の板で、倒れない方に補強しました。現在では、安定しています。

③壁面近く(通路板の幅は、約20cmで)

・壁面を歩いていますが、大事なのは、通路板の幅です。広すぎると天井近くとは言え、人間に圧迫感ですし、狭すぎると猫に危険です。幅200mm(~180mm)で丁度良いと考えます。
・また、板の厚みもたわまない強度が必要です。厚み24mmで丁度良いと考えます。
長さは、3m弱で、厚み24mmで、たわまないです。例えば、「24mm×180mm×4m(杉板)、約1100円」でホームセンターでありました。軽いので、「杉板」でお願いします。

引戸の枠にしっかりと乗せており、猫の重さにも耐えます。それと中央近くで「L字金具」で補強もお願いします。また、例えば、「L字金具、150mm×200mm、1個、約200円」です。
ハイロジック L型棚受 ホワイト150mm×200mm

・両端は、石膏ボードの板に、アンカーを活用して、木ネジで「横板」を付けて、それに載せています。これでずれません。また、板壁であっても、「横板」で同様です。

  

④猫止め(安全性アップ)

・天井近くの通路板で高いので、あまり自由に下に飛ぶのも危ないです。そのため、あまりに、下との距離がある場合は、「猫止め」で安全性アップです。
・全体概略図の「右上④」と、「左下の冷蔵庫上」の、2箇所に設置しました。

⑤コーナー近く

・変化をつけたかったので、通路板をすこし高い場所に設置です。運動して欲しいという親心です。

     

⑥冷蔵庫近く(「L字金具」を活用)

・ここでは、長い板を、引戸の枠に載せています。手前に落ちないように、「L字金具」を活用です。例えば、「L字金具、36mm、1個、約200円」です。
MYST(マイスト) 取付金具(カチオン電着) 黒色 幅15×長さ36×36×厚み2mm (6001) DIY用

・悠然と歩いています。板の幅が200mmなので、丁度良い事が分かります。

  

・冷蔵庫側から、全体(約半分、②⑤⑥近く)を撮った写真です。

「キャットウォーク」組み立てでの道具

・止め具/蝶番を使う時に、木ネジが必要ですが、壁内(石膏ボード等)に「間柱」が存在しなければ、空打ちになります。中指で「トントン」と探す手もありますが、うちは、「下地センサー」を使っています。壁裏の状態をセンシングする優れものです。「下地センサー(石膏ボード、べニア)、約1400円」です。

シンワ測定(Shinwa Sokutei) 下地センサー Home 79151

・うちでは、穴開け/木ネジ回しに「電動ドライバー、充電式、約5000円」を使っています。電池が2個なので、交換できますし、LEDライト/ドリルセットも嬉しいです。
HUNDA 電動ドライバー ドリルドライバーセット 充電式 1台3役 コードレス 日曜大工 トルク25+1無段変速 正逆転可能 12.8V 37セットLED照明 日本語取扱説明書 収納バッグ

・また、木材切断に「マキタ(Makita) 、ジグソー、コンセント式、約13000円」を使用しており、重宝しています。同一機能では、安いと考えます。充電式では、長時間の使用は無理なので、コンセント式がお勧めです。
マキタ(Makita) ジグソー オービタル付 JV0600K

まとめ

・「天井一面14mのキャットウォーク」を安く1万円(6500円に減額可能)は、設計ポイント(注意ポイント)を掴めば、大丈夫と考えます。猫が毎日、上がってくれていて、嬉しいですね(^^)

材料費の概算です。「通路板(格子状)」は、ホームセンターで価格調査した最新結果です(ネット購入では、送料が追加になるので、ホームセンターがお勧めです)。

通路板(格子状) ・「35mm角、約2.5m、赤松、240円」×2本×2箇所=960円
・「15mm×40mm、赤松、約2.5m、300円」×4本×2箇所=2400円
・通路板:「幅180mm×厚み24mm×長さ4m、杉板、1100円」×3枚=3300円 ※杉板が軽くて良いです
・その他:「L字金具(36mm)、200円」×12個=2400円
「L字金具(20cm)、200円」×5個=1000円
・小計10060円(約1万円

皆さんのご参考まで(^^) 何かあれば、お気軽にお問い合わせください。

2020年11月29日
更新日:2020年12月5日
更新日:2020年12月29日

L字金具のほぼゼロ円化(6500円に減額可能)

・今回、L字金具は、総数「200円×17個=3400円」でした。「板止め(三角治具)」の自作で、ほぼゼロ円にする事も可能です。これを加味すると、約1万円を約6500円に減額可能です。これをトライしていれば、購入しなかったのですが、残念です。
・内部リンク(本ブログ内)を貼っておきます。記事の中頃に、作り方も含めて、記載してあります。https://daijoubudayo.com/diy/cattower/

関連記事

・空中経路キャットウォーク:https://daijoubudayo.com/diy/corner_catwalk/
・屋外のキャットケージ(ペットケージ、ドックケージ):https://daijoubudayo.com/diy/cat2/

・再掲したモノもありますが、「格子戸(格子扉)」活用で、「折り畳み式の猫ドア(上級、内枠方式)」、「ストックヤード目隠し(中級)」、「天井キャットウォークに格子戸の活用(中級)」、「仏壇の猫対策(上級、内枠方式)」、「猫の脱走防止策」、「アルミのミニ格子(水槽の猫対策)の作り方」の記事です。
・「格子戸(格子扉)」の活用範囲は、広いです。参考記事「様々な格子戸(格子扉)の作り方(まとめ版)」です。https://daijoubudayo.com/diy/latticedoor_list/

上記も含めた、本ブログのDIYカテゴリー(猫モノ、格子戸活用、リノベーション/リフォーム、ホームガーデン、バラフェンスなど)の記事リスト(約30件)です。他の記事も、どうぞ。
・各記事の左上に「検索窓」があるので、気になるキーワードを入れて頂ければ、ご要望の記事があるかもしれません。

【まとめ版】本ブログのDIY関連カテゴリー(猫モノ、格子戸活用、リノベーション/リフォーム、ホームガーデン、バラフェンスなど)の記事リスト本ブログ「大丈夫だよblog」のDIY関連カテゴリー(猫モノ、格子戸活用、リノベーション/リフォーム、ホームガーデン、バラフェンスなど)の記事リスト(約30件)です。グループ別に記載し、ベスト5の人気記事に★しておきます。...
ABOUT ME
雲(関西人)です。DIY(猫モノ、格子戸活用、リノベーション/リフォーム、ホームガーデン、バラフェンス)、お金・節約(購入して良かったモノ、自動車関連、確定申告、年金、ネットワーク)、独り言(水槽、仕事、ブログ、猫と人間)を中心に、オリジナルな視点で、生活の知恵を書きたいと思います。写真多めです。 何かあれば、お問い合わせください。励みになりますので… 今後とも、よろしくお願い致します。Instagram(ユーザーネーム: shimaishitsupo)も、私なので、こちらも、どうぞ。