DIYで快適な生活を

【DIY】階段キャットウォークを安く360円で作りました。写真多めです。設計ポイント(注意ポイント)を丁寧に記載。

猫が上がりにくそうだったので、階段キャットウォークを安く360円で作りました。写真多めで分かりやすさを心がけました。設計ポイント(注意ポイント)を丁寧に記載しました。

作りたい気持ちは、ありますが、どう設計したらよいのか、分からないので…

雲くん
雲くん
確かに、場所によって、必要な部材も異なるので、設計が難しいと考えます。本記事が参考になりそうです。

階段キャットウォークの現場検証です

現状、市販品「キャットタワー」を使用していましたが、猫が「回り込む」必要があり、それが面倒なのか、「上り」は使ってくれるのですが、「下り」は高い別の場所から飛び降りるのが通例となり、骨折等が心配になりました。猫の気持ちを考えて、「回り込みではなく、直線的に階段状」が良いと考えました。

・キャットタワーは、「キャットタワー、高さは約2.5m、約8000円」を使用です。もちろん、丁度良い方は、購入もご検討ください。
ForestCat お自宅で 木登りタワー シングル キャットタワー 突っ張り 猫タワー 省スペース 高さ245~265cm スリム 爪とぎ 全麻縄巻き 麻紐

・なお、自作で2000円のキャットタワーも内部リンク(本ブログ内)で紹介しておきます。自作が可能な方は、こちらでトライください。なお、本記事の設計ポイントも活用して、既に「4段の階段を作製済み」ポイントも参考になります。

【DIY】キャットタワーを簡単に安く2000円で作りました。写真多めで、設計ポイント(安全ポイント)を丁寧に記載。キャットタワーを簡単に安く2000円で作りました。写真多めで、分かりやすさを心がけました。設計ポイント(安全ポイント)を丁寧に記載しました。特に、キャットタワーは、段差と滑り止めが重要です。...

階段キャットウォークの全体像

階段の「奥行×幅」は、猫にとって、余裕がないと、安心できないと考えます。今までの経験から、正方形「40cm×40cm」としました。少なくとも、「30cm×30cm」は、必要と考えます。
・進む方向が明確なら、「30cm×20cm」と少なくとも、奥行き「30cm」で良いのですが、今回は、どのように下りるのか不明なので、正方形にしました。

・また、段差「40cm」としました。理想的には、「約30cm」ですが、今回、2段でもあり、全体間隔が80cmなので、2で割り、「40cm」としました。

階段キャットウォークの設計ポイント

それぞれの設計ポイントを記載します。まず、上部です。「縦木」を、木ネジ2本で、計4本で支えます。

・次に、中央の右部です。「板止め」がポイントです。「板止め」無しでは、木ネジを「薄板」の横から打ち込む必要があり、猫の重みで、薄板が確実に割れます。そこで、木ネジを「板止め」使うと、大丈夫です。木ネジ2本で計4本としました。
・「板止め」と「薄板」は、横方向のズレ防止だけなので、木ネジ1本で計2本としました。

・中央の左部です。「薄板」を、「」に載せています。前述と同様に、「薄板の横から木ネジを打ち込まない」です。「薄板」の横方向のズレ防止だけなので、木ネジ1本で計2本としました。

・最後に、下部です。「柱」同士の強度アップのため、「横木」を使用です。木ネジ1本で計2本です。

優れモノの道具

・うちでは、穴開け/木ネジ回しに「電動ドライバー、充電式、約5000円」を使っています。電池が2個なので、交換できますし、LEDライト/ドリルセットも嬉しいです。


HUNDA 電動ドライバー ドリルドライバーセット 充電式 1台3役 コードレス 日曜大工 トルク25+1無段変速 正逆転可能 12.8V 37セットLED照明 日本語取扱説明書 収納バッグ

・また、木材切断に「マキタ(Makita) 、ジグソー、コンセント式、約13000円」を使用しており、重宝しています。同一機能では、安いと考えます。充電式では、長時間の使用は無理なので、コンセント式がお勧めです。
マキタ(Makita) ジグソー オービタル付 JV0600K

まとめ

階段キャットウォークを安く360円で作りました。写真多めで分かりやすさを心がけました。設計ポイント(注意ポイント)を丁寧に記載しました。
・設計ポイント(注意ポイント)は、「薄板の横から木ネジを打ち込まない」「板止めを活用」「薄板をに乗せる」「柱の強度アップに横木」です。もっと、段数が多いモノも、この設計ポイント(注意ポイント)を展開可能です。

必要な部材を以下に示します。上部から記載しています。

縦木 ・「15mm×40mm、長さ40cm+35mm+9mm+15mm」を2本
※「+35mm」「+9mm+15mm」は、上に少し上下に出る必要があるため
薄板 ・「厚み9mm、40cm×40cm」を1枚
板止め ・「15mm×40mm、4cm角」を2個
・「35mm角、長さ40cm」を2本
横木 ・「15mm×40mm、長さ40cm-35mm-35mm」を1本
※「-35mm-35mm」は、「柱」内側に入れるため
木ネジ ・それぞれの箇所に数本
※「木ネジ」用下穴は必須で、木ネジ長さは約15mmが入るように

・例えば、「15mm×40mm、長さ約2.5m、300円」、「35mm角、長さ2m(赤松)、約240円」、「厚み9mm、910mm×1820mm、約1200円」が、ホームセンターでありました。私は、端材で作製したので、材料費ゼロ円でした。
・すべてを新規購入して、それから一部分使用にすると「300円×1.2m/2.5m=144円」「240円×0.8m/2m=96円」「1200円×0.4m×0.4m/0.9m×1.8m=119円」なので、計360円となります。

皆さんのご参考まで(^^) 何かあれば、お気軽にお問い合わせください。

2021年1月3日

関連記事

・上記も含めた、本ブログのDIY関連(約20件)の全リストです。他の記事もどうぞ。

【まとめ版】本ブログのDIY関連カテゴリー(猫モノ、格子戸活用、リノベーション/リフォーム、ホームガーデン、バラフェンスなど)の記事リスト本ブログ「大丈夫だよblog」のDIY関連カテゴリー(猫モノ、格子戸活用、リノベーション/リフォーム、ホームガーデン、バラフェンスなど)の記事リスト(約30件)です。グループ別に記載し、ベスト5の人気記事に★しておきます。...
ABOUT ME
雲(関西人)です。DIY(猫モノ、リノベーション/リフォーム、ホームガーデン、バラフェンス)、お金・節約(購入して良かったモノ、自動車関連、確定申告、年金、ネットワーク)、独り言(水槽、仕事、ブログ、ン猫)を中心に、オリジナルな視点で、生活の知恵を書きたいと思います。写真多めです。 何かあれば、お問い合わせください。励みになりますので… 今後とも、よろしくお願い致します。Instagram(ユーザーネーム: shimaishitsupo)も、私なので、こちらも、どうぞ。