DIYで快適な生活を

【DIY】キャットタワーを簡単に安く2000円で作りました。写真多めで、設計ポイント(安全ポイント)を丁寧に記載。

キャットタワーを簡単に安く2000円で作りました。写真多めで、分かりやすさを心がけました。設計ポイント安全ポイント)を丁寧に記載しました。

作りたいけど、どんな設計が良いのか、見当がつきません…(泣) 安価にしたい気持ちもあります。はやく、猫が喜ぶ顔か見たい~

雲くん
雲くん
気持ちは分かります。市販品は、イイ感じですが、高価であり、家の寸法にも、なかなか合いません。ただ、いざ、自分で作るとなると、設計が難しいと思います。気を付けた方が良い、設計ポイント(安全ポイント)を丁寧に記載しました。

キャットタワー周りの現地調査です

・まずは、現地調査です。「柱は活用できるのか/活用できないのか」「床は、畳みなのか/木製なのか」「最終的な高さは、人の頭/肩のどれにするのか」です。うちの場合と、そうで無い場合のポイントを以下に示します。

柱の活用有無 ・うちは、「柱活用」できました。
・柱活用できない場合は、倒れないような工夫が必要です。「突っ張り棒」を使用されている方もいます。その場合は、「結束バンド」で固定が良いです。
キャットタワーの高さは? ・うちは、キャットウォークまでの経路が必要なので、頭上が必要でした。
・肩の場合は、階段数が異なります。また、倒れない工夫も、低くければ、より簡単になります。
床は畳み/木製? ・うちは、「畳み」でした。
・木製の場合は、床が傷つかないように、何からの「下敷きシート」等を最下部に、ご使用ください。もちろん、「畳み」でも気になる方は、お願いします。

・購入すれば、例えば、「キャットタワー、高さは約2.5m、約8000円」です。もちろん、購入でも構わないと考えます。ただ、階段状で無いので、上り下りは、多少しにくい感覚です。同様なモノがホームセンターで19800円でありました。いずれにせよ、高価です。
ForestCat お自宅で 木登りタワー シングル キャットタワー 突っ張り 猫タワー 省スペース 高さ245~265cm スリム 爪とぎ 全麻縄巻き 麻紐

柱が無い場合の対応策

柱が無い場合は、「突っ張り棒+結束バンド」がご提案です。
・例えば「突っ張り棒(2m)、白、約2300円」です。突っ張り棒 強力 2m つっぱり棒 伸縮棒 強負荷 ものほし竿 ドリル不要 物干し竿 洗濯物干し 布団干し 室内 屋外 調節簡単 耐荷重30~10kg 直径32mm

・例えば、「結束バンド、15cm、耐候性、100本、約400円」です。10cmでは短く、20cmでは長いので、15cmをお勧めです。耐久性が高い「耐候性」をお勧めです。

ヘラマンタイトン 結束バンド インシュロック AB150-W 100本入 耐候・屋内外用グレード 黒

キャットタワー(階段状)の設計です

・キャットウォークまでの経路が必要なので、頭上の高さで、約1.8mです。

・階段状が上り下りしやすいと考えて、うちの猫は、40cm段差でOKです。猫によって、それぞれなので、普段のジャンプする高さ等でご判断ください。よって、40cm×4段=160cmとしました。

・次に、階段の幅と奥行きです。今回、「幅30cm×奥行き20cm」しました。「奥行き30cm×幅20cm」でも良いのですが、スペースが無いので、やむを得ず、です。ただ、これでも上り下りは、大丈夫でした(後述しますが、回り込みも難しくなるので、幅20cm×奥行き20cmでは、小さすぎると考えます)。

・うちの猫は、以下の写真のように、上手に下りています。上がる時よりも、落ちたりしやすい下りる時に、ご注意をお願いします。

   

キャットタワーの全体寸法です

・40cm×4段=160cmですが、全体として、以下の設計図としました。対応する写真もアップしておきます。
 

・材料リストを以下に示します。

柱(猫台を支える棒) ・長さ80cm、2本
・長さ120cm、2本
・長さ160cm、2本  (15mm×40mmの角材)
猫台(猫が乗る台) ・30cm×20cm、4名  (厚み10mmの板)
土台(全体の最下部の台) ・40cm×20cm、1枚  (厚み10mmの板)
板止め(猫台と柱との接合で使用) ・長い板止め、長さ28.3cmの台形、4本 (15mm×40mmの角材)
・短い板止め、長辺50mm×短辺15mmの台形、6個+1個 (35mm角の角材)
木ネジ ・「猫台の接合、皿タイプ、長さ25mm」「柱の接合、皿タイプ、長さ32mm」を使用

・土台を「15mm×40mmの角材」で組み立てるのは、四角い枠なので、左右の歪みへの対応も必要です(木ネジも必要)。これを、板にすると、左右の歪みもゼロとなり、安価で、上部の荷重にも耐えられるので、丈夫です。設計ポイントです。

・板止め(三角治具)ですが、通常、L字金具を使用しますが、数も増えると高価になります。例えば、「L字金具、36mm、約200円」、「L字金具、150mm×200mm、約200円」です。今回の場合であれば、前者が4個、後者が4個で計8個(1200円)になります。
MYST(マイスト) 取付金具(カチオン電着) 黒色 幅15×長さ36×36×厚み2mm (6001) DIY用
ハイロジック L型棚受 ホワイト150mm×200mm

・自作なら、不要材料の端切れなので、ほぼゼロ円です。後述します。

長い板止め(4段目と1段目で使用)

・「長い板止め」は、4段目と1段目の猫台で使用しています。4段目の写真で示します。斜めの部材です。1段目では、下部で画面を横切っています。

  

・4段目の猫台は長さ30cm、1段目の猫台は長さ20cmなので、短い20cmに合わせて、同様な部材で、作製を楽にしました(長さ30cmだと、逆に長すぎてフラフラする気もしましたので…)。4段目は、他とは異なる猫台の向きとして、キャットウォークからの上り下りを楽にしました。

・前述で「長さ28.3cmの台形」と記載しましたが、以下に図示しておきます。なお、角材から、交互に切り出せば、最小の木材カット数で部材が作れます(木材カット角度は、45度で統一しないと、左右が合わなくなります)。私は、いつも、多めに作って、予備用にキープしています。

・以下の写真のように、木材切断して、「長い板止め」を作りました。

短い板止め(3段目と2段目と1段目で使用)

・「短い板止め(三角治具)」は、3段目と2段目と1段目(上の写真)で使用しています。5cm角程度の小さい部材です。3段目と2段目の写真です。

 

・「長辺50mm×短辺15mmの台形」と前述しましたが、以下に図示しておきます。なお、こちらも、角材から交互に切り出せば、最小カット数で部材が作れます。

・なお、「木ネジ」も図面内に記載です。デフォルメしたので、木ネジ同士が当たりそうに見えますが、実際には、標準的な2cm弱の部材への侵入なので、当たることはありません。猫台の厚み10mmに対して木ネジは25mm、柱の厚み15mmに対して木ネジは32mmを使用しました。猫台と柱に、木ネジ用の「下穴」もよろしくお願い致します(しっかりと接合できます)。「木工用接着剤を無し」で、他の制作物も含めて、私は、木ネジだけで作製しています(やり直しも効きます)。

短い板止め(三角治具)のカットの流れ(参考資料です)

      

キャットタワーの組み立て(下穴)の超効率化

・木ネジでは、「下穴」が重要なので、怠るのは避けたいです。ただ、すべての木ネジの「下穴」のドリル位置を決めるのが、大変です。つまり、以下の写真の黒丸の位置決めが、大変です。

  

・私は。「下穴の超効率化」のために、以下の写真のように、使用部材の断面で、枠取りして、それから、「下穴」位置決めの黒丸を書いています。定規が不要なので、さっさと、できます。お試しください。木ネジに合わせて、直径4mmドリルを使いました。

・「下穴」に沿って、組み立てれば、全体としてスムーズです。以下が組み立て後の写真です。

キャットタワーの安全化

・2点あります。そもそも、高さ160cmと大きいので、柱に接合しています。4段目の上に「短い板止め(三角治具)」が見えると思います。これが必要だったので、キャットタワー本体で6個に加えて、ここの1個で、計7個になっています。

・それと、もう一つは、猫台を滑りにくくする事です。キャットタワーの背は高いので、猫が落ちると危険です。そこで、「滑り止め」として、「布貼り」にしました。作り方が以下の写真です。木工用接着剤で、しっかりと貼れます。デザインも、いかがでしょうか。

  

キャットタワーの改善前です

・キャットタワーの改善前の写真です。猫台が20cm×20cmと小さくて、上りましたが、下りるのが怖そうでした。そのため、「30cm×20cm」に改善しました。「木工用接着剤を無し」で組み立てているので、やり直しが効きました。
・また、猫台の表面が滑るので、一度、落ちてしまい、猫に申し訳なかったです。そのため、「布貼り」で改善して、滑りにくくしました。

     

優れモノの道具

・うちでは、穴開け/木ネジ回しに「電動ドライバー、充電式、約5000円」を使っています。電池が2個なので、交換できますし、LEDライト/ドリルセットも嬉しいです。


HUNDA 電動ドライバー ドリルドライバーセット 充電式 1台3役 コードレス 日曜大工 トルク25+1無段変速 正逆転可能 12.8V 37セットLED照明 日本語取扱説明書 収納バッグ

・また、木材切断に「マキタ(Makita) 、ジグソー、コンセント式、約13000円」を使用しており、重宝しています。同一機能では、安いと考えます。充電式では、長時間の使用は無理なので、コンセント式がお勧めです。
マキタ(Makita) ジグソー オービタル付 JV0600K

まとめ

キャットタワーは、段差滑り止めが重要です。

・材料費の概算です。例えば、ホームセンターで「幅40mm×厚み15mm×長さ約2.5m、300円」×4本=1200円で、「柱」「長い板止め」ができ上り、他を合わせても、約2000円が概算です(例えば、猫台は、ホームセンターで「910×1820×9mm、約1200円」から切り出したので、試算では半分の約600円としました)。

・以下に、設計ポイント(安全ポイント)を、まとめておきます。

キャットタワー周りの現地調査 ・「柱活用」できれば、楽になります。難しいなら、例えば、「突っ張り棒+結束バンド」等をご検討ください。
・床の傷つきが気になるなら「下敷きシート」等の工夫を
キャットタワー(階段状)の設計 ・階段は、40cm段差として、4段なので、計160cm
・猫台は、30cm×20cm
キャットタワーの全体寸法 ・設計図/材料リストを掲載しています
・土台は、板にして、安価で丈夫に
猫台の板止め(三角治具) ・通常は、L字金具を使用ですが、「自作の板止め」で、ほぼゼロ円で
・「自作の板止め」の寸法や作り方も解説付き(ジグソーをご提案)
キャットタワーの組み立て(下穴)の超効率化 ・木ネジの「下穴の超効率化」も説明しています
・電動ドライバーが、「下穴」「木ネジ締め」で大活躍です
キャットタワーの安全化 ・倒れないように、キャットタワーをしっかりと「柱」に接合
・「布貼り」で、猫台を滑りにくく
キャットタワーの改善前 ・「木工用接着剤無で組み立て」なので、やり直しも効きます

皆さんのご参考まで(^^) 何かあれば、お気軽にお問合せください。

2020年12月28日
更新日:2021年1月11日

関連記事

・空中経路キャットウォーク:https://daijoubudayo.com/diy/corner_catwalk/
・天井一面14mのキャットウォーク:https://daijoubudayo.com/diy/catwalk/
・屋外のキャットケージ(ペットケージ、ドックケージ):https://daijoubudayo.com/diy/cat2/

上記も含めた、本ブログのDIYカテゴリー(猫モノ、格子戸活用、リノベーション/リフォーム、ホームガーデン、バラフェンスなど)の記事リスト(約30件)です。他の記事も、どうぞ。
・各記事の左上に「検索窓」があるので、気になるキーワードを入れて頂ければ、ご要望の記事があるかもしれません。

【まとめ版】本ブログのDIY関連カテゴリー(猫モノ、格子戸活用、リノベーション/リフォーム、ホームガーデン、バラフェンスなど)の記事リスト本ブログ「大丈夫だよblog」のDIY関連カテゴリー(猫モノ、格子戸活用、リノベーション/リフォーム、ホームガーデン、バラフェンスなど)の記事リスト(約30件)です。グループ別に記載し、ベスト5の人気記事に★しておきます。...
ABOUT ME
雲(関西人)です。DIY(猫モノ、リノベーション/リフォーム、ホームガーデン、バラフェンス)、お金・節約(購入して良かったモノ、自動車関連、確定申告、年金、ネットワーク)、独り言(水槽、仕事、ブログ、ン猫)を中心に、オリジナルな視点で、生活の知恵を書きたいと思います。写真多めです。 何かあれば、お問い合わせください。励みになりますので… 今後とも、よろしくお願い致します。Instagram(ユーザーネーム: shimaishitsupo)も、私なので、こちらも、どうぞ。