DIYで快適な生活を

【DIY】空中経路キャットウォークを安く3000円で簡単に自作しました。写真多めで。設計ポイント(注意ポイント)を丁寧に記載。

空中経路キャットウォークを安く3000円で簡単に自作しました。部屋コーナー(角)の場所に、作りました。写真多めで、分かりやすさを心がけました。設計ポイント(注意ポイント)を丁寧に記載しました。手作りですが、上手に出来たと思います。

部屋コーナー(角)の場所に、空中経路を簡単に作りたいけど… 設計ポイント(注意ポイント)も気になります。

雲くん
雲くん
材料買い出しも含めて、半日で完成しましたよ。コツさえ掴めば、簡単です。出来上がったら、さっそく、猫の訪問がありました。なお、空中経路への上り下りの工夫も記載です。うちに来た2匹目の猫も、上がるのが大好きです。
    

空中経路キャットウォークを設計しました

・部屋コーナー(角)なので、直角三角形を基本で考えました。つまり、「長板が1本(空中経路)」「短板が2本」です。
・直角三角形にした理由ですが、「長板を斜めに切断する場合に、45度になるので、分かりやすい」「短板の2本が同じ長さ」の2点です。

・短板方向の最大長さは、実測したら「210cm」でした。従って、「210cm×ルート2=210cm×1.41=296cm」が、長板の長さとなります。実際には、少し短く、290cmとしました(余裕をみて)。

・材料として、「厚み24mm×幅180mm×長さ4m、杉、約1100円」を使用する予定なので、4m-長板290cm=短板110cmでピッタリです。従って、「長板290cmが1本」「短板110cmが2本」としました。4m×2本で、材料が余りますが、やむを得ません…また、何かに使います(笑)。

空中経路キャットウォークの通路板を購入します

・長さは決まりましたが、「厚み」と「幅」と「材質」を慎重に考えます。

・まず、「厚み」です。薄ければ安く/軽く、暑ければ高く/重く、なります。今回、長さ290cmなので、それでも、たわまない最小限の厚みが必要です。厚み24mmが良いと考えます。

・次に、「」です。猫が落ちてしまう幅の狭さはダメですし、幅が広いと人間に圧迫感です。その兼ね合いで、幅180mmが良いと考えます。

・最後に、「材質」です。が軽くてお勧めです。ホームセンターで、「厚み24mm×幅180mm×長さ4m、杉、約1100円」を2枚の購入となりました。余るので勿体無いのですが、また、何かに使います(笑)

・それを、例えば、「L字金具、150mm×200mm、1個、約200円」です。ダイソー等でもあると思います。
ハイロジック L型棚受 ホワイト150mm×200mm

空中経路キャットウォークの通路板を加工します

・今回、「厚み24mm×幅180mm×長さ4m、杉、約1100円」を2枚から、「長板290cmが1本」「短板110cmが2本」を切り出します。ホームセンターで1カット10円ですが、長さ4mから、「長板290cmが1本」「短板110cmが1本」を切り出し、残りの4mから、「短板110cmが1本」です。「290cmが1本」が余りました。

・また、「長板290cmが1本」は、左部/右部を45度カットです。。ホームセンターでやってもらえなかったので、自宅で切りました。要するに、四角形から台形になります。これで加工が終了です。

空中経路キャットウォーク(長板、1枚)の組み立て

・長板の左部/中央/右部の写真です。左部/右部は、45度で切ったので、丁度、乗っています。左部/右部を「L字金具」で止めました。分厚い板なので、木ネジでしっかりとしています。例えば、「L字金具、150mm×200mm、1個、約200円」です。
ハイロジック L型棚受 ホワイト150mm×200mm

     

・また、鴨居の上の長押(なげし)に、「L字金具」活用で、載せました。上からの写真に示す様に、しっかりと載っています。空中経路では、「安全面が大事」です。

  

空中経路キャットウォークの短板(2枚)の組み立て

・大事な点は、猫の体重でも落ちない事です。短板の左部/右部を、鴨居の上の長押(なしげ)に載せると、猫の上り下りが出来ないので、工夫が必要です。そこで、「」を活用する事にしました。短板を上からみた写真ですが、「L字金具」の長辺が、しっかりと「柱」に接続です。

・なお、短板の下からみた写真です。「自作の木片治具」に上方向/横方向の木ネジで、接続です。これで、長板のように、鴨居の上の長押(なしげ)に、しっかりと載っています。

・短板の全体像です。こんな感じに仕上がりました。もう一方の短板も、同様にしました。

空中経路キャットウォークへの上り下り(自作キャットタワー)

・こちらに紹介しておきます。自作キャットタワーです。階段状になっています。これを使って、上り下りです。内部リンク(本ブログ内)しておきます。

【DIY】キャットタワーを簡単に安く2000円で作りました。写真多めで、設計ポイント(安全ポイント)を丁寧に記載。キャットタワーを簡単に安く2000円で作りました。写真多めで、分かりやすさを心がけました。設計ポイント(安全ポイント)を丁寧に記載しました。特に、キャットタワーは、段差と滑り止めが重要です。...

・市販品のキャットタワーも候補です。例えば、「キャットタワー、高さは約2.5m、約8000円」等の購入のご検討も賛成です。
【ForestCat】木登り キャットタワー 突っ張り 高さ245~265cm

空中経路キャットタワーの足元の遊び場(ダクトホース、キャットトンネル)

ダクトホース(配管ホース)を活用して、遊び場を作っています。自作キャットタワーから下りたら、さっそく、ダクトホースに入り、反対側から、出ています(^^) 例えば、「ダクトホース(配管ホース)、径20cm、長さ5m、約2400円」ですが、リンク先で、径15cm→径20cmでお願いします。猫の大きさにも拠りますが、うちの猫は、径15cmでは小さいので、径20cmで丁度良いです。なお、両端に針金が飛び出る危険性(猫を傷つける等)があるので、養生テープ等で補強が必要です。
ダクトホース 収納型フレキシブルダクト OOPPEN 換気用アルミホース 排気ホース 換気用ホース 換気パイプ 排気ダクト 耐熱 防水 [メーカー1年保証] (150mm*5m)

  

・専用の市販品なら、「キャットトンネル、径25cm、長さ120cm、約1500円」です。

PAWZ Road 猫 トンネル キャットトンネル おもちゃ 長い 折りたたみ S型 2穴付き 直径25CM 茶色

・「キャットトンネル(2又)、径25cm、長さ80cm、約1400円」も楽しいと思います。うちで、以下の写真のようにして、使っています。


猫 トンネル 猫 おもちゃ 3通 キャットトンネル ペット玩具 折りたたみ式 猫用おもちゃ ウサギとんねる ペット運動不足対策

空中経路キャットタワー下部から隣の部屋へ

・キャットタワー下部から、隣の部屋へ、「キャットドア」を利用して、行けるようにしています。最初の写真の奥に見えています。例えば、「キャットドア、約1600円」です。

Ycozy ペットドア 犬猫出入り口 4way切替 ロック キャットドア 室内用 犬猫用ドア 取り付け簡単 猫扉 冷暖房対策 中小型猫/小型犬用 | 茶色 L

・なお、襖が閉まるとキャットドアが使えないので、少し手前までしか、閉まらないようにしています。ただ、それでは、隙間風が発生するので、「黄色い引っ越し用養生部材+べニア板」で対応しています。

  

・奥の部屋からの写真です。こんな感じです。最後の写真は、襖を意図的に開けてみました。普段は、閉めています。

       

優れモノの道具

・うちでは、穴開け/木ネジ回しに「電動ドライバー、充電式、約5000円」を使っています。電池が2個なので、交換できますし、LEDライト/ドリルセットも嬉しいです。


HUNDA 電動ドライバー ドリルドライバーセット 充電式 1台3役 コードレス 日曜大工 トルク25+1無段変速 正逆転可能 12.8V 37セットLED照明 日本語取扱説明書 収納バッグ

・また、木材切断に「マキタ(Makita) 、ジグソー、コンセント式、約13000円」を使用しており、重宝しています。同一機能では、安いと考えます。充電式では、長時間の使用は無理なので、コンセント式がお勧めです。

マキタ(Makita) ジグソー オービタル付 JV0600K

まとめ

・空中経路キャットウォークを安く約3000円で簡単な自作です。写真多めで、分かりやすさを心がけました。設計ポイント(注意ポイント)を丁寧に記載しました。
・材料費をまとめます。「厚み24mm×幅180mm×長さ4m、杉、約1100円」を2枚で2200円、「L字金具、約200円」×4個で800円、合計で約3000円です。

・設計ポイント(注意ポイント)を以下に示します。

空中経路キャットウォークの設計 ・部屋コーナー(角)であれば、直角三角形の全体設計
・「長板を1枚(空中経路)」「短板を2枚」で
空中経路キャットウォークの板の購入 ・ホームセンターで、「厚み24mm×幅180mm×長さ4m、杉、約1100円」を2枚の購入
・厚み24mmと分厚く、幅180mmで猫にも人間にも優しく
・ダイソーで「L字金具、約200円」を4個購入
空中経路キャットウォークの板の加工 ・直線切断は、ホームセンターで1カット10円を活用
・45度カットは、やむを得ず、自分で
空中経路キャットウォークの組み立て ・「」利用できる場合は、積極的に活用で
・「L字金具」無しで、「自作の木片治具」で、スマートに接合
空中経路キャットウォークの上り下り 自作キャットタワーで実現
・購入しても良い(約8000円)
空中経路キャットタワーの足元の遊び場 ダクトホース(配管ホース)を活用
・両端の養生テープ等での補強
・径20cmが丁度良い(約2400円)
空中経路キャットタワー下部から隣の部屋へ キャットドア(約1600円)を活用
・「黄色い引っ越し用養生部材」で隙間風対応

・空中経路キャットウォークの感じが、以下の写真で伝わると思います。

  

皆さんのご参考まで(^^) 何かあれば、お気軽にお問合せください。

2020年12月22日
更新日:2020年12月29日

L字金具のほぼゼロ円化

・今回、L字金具は、計4個で800円でしたが、「板止め(三角治具)」の自作で、ほぼゼロ円化も可能です。内部リンク(本ブロブ内)もしておきます。これをトライしていれば、購入しなかったのですが、残念です。記事の中頃に、作り方も含めて、記載してあります。

【DIY】キャットタワーを簡単に安く2000円で作りました。写真多めで、設計ポイント(安全ポイント)を丁寧に記載。キャットタワーを簡単に安く2000円で作りました。写真多めで、分かりやすさを心がけました。設計ポイント(安全ポイント)を丁寧に記載しました。特に、キャットタワーは、段差と滑り止めが重要です。...

関連記事

・天井一面14mのキャットウォーク:https://daijoubudayo.com/diy/catwalk/
・屋外のキャットケージ(ペットケージ、ドックケージ):https://daijoubudayo.com/diy/cat2/

上記も含めた、本ブログのDIYカテゴリー(猫モノ、格子戸活用、リノベーション/リフォーム、ホームガーデン、バラフェンスなど)の記事リスト(約30件)です。他の記事も、どうぞ。
・各記事の左上に「検索窓」があるので、気になるキーワードを入れて頂ければ、ご要望の記事があるかもしれません。

【まとめ版】本ブログのDIY関連カテゴリー(猫モノ、格子戸活用、リノベーション/リフォーム、ホームガーデン、バラフェンスなど)の記事リスト本ブログ「大丈夫だよblog」のDIY関連カテゴリー(猫モノ、格子戸活用、リノベーション/リフォーム、ホームガーデン、バラフェンスなど)の記事リスト(約30件)です。グループ別に記載し、ベスト5の人気記事に★しておきます。...
ABOUT ME
雲(関西人)です。DIY(猫モノ、リノベーション/リフォーム、ホームガーデン、バラフェンス)、お金・節約(購入して良かったモノ、自動車関連、確定申告、年金、ネットワーク)、独り言(水槽、仕事、ブログ、ン猫)を中心に、オリジナルな視点で、生活の知恵を書きたいと思います。写真多めです。 何かあれば、お問い合わせください。励みになりますので… 今後とも、よろしくお願い致します。Instagram(ユーザーネーム: shimaishitsupo)も、私なので、こちらも、どうぞ。