大事なお金の節約術

【無線ネットワーク】Wi-Fiにおける回線切断トラブルの解決策(自動で空きチャンネル活用か、1チャンネルへ)

Wi-Fiは、無線回線です。有線回線と異なり、回線切断がまれに発生します。ただ、うちの場合は、数か月前から「1時間で数回程度」と急に増えて、調子が悪くなりました。原因を調査し、解決したので、皆さんにご報告です。ご参考になれば、幸いです。

1時間で数回程度とは、多いですね。頻繁なバックアップも必要になりますね…

雲くん
雲くん
そうなんです。ブログ作成で、記事途中版をアップする際に、回線切断で、アップロードも安定しないので、不安が続いていました。

うちの場合の回線切断トラブルの状況

1時間で数回程度ですが、これが始まったのが、数か月前からです。
・なお、「Amazonプライムビデオ」「YouTube」も観ていましたが、ダウンロードしながら視聴のせいか、気になりませんでした。
・ただ、「パソコン作業」をしていると、「ネットワークが切断されました」とのメッセージが出たり、メッセージ無しでも回路切断している場合がありました。

契約状況の確認

数か月前からという事なので、念のため、契約状況「eo光」を確認しました。想定したのは、例えば、「一定のデータ伝送量を越えると遅い回線速度になる?」等です。しかし、同じ契約内容で「変更無し」でした。

セキュリティソフトの新規導入

数か月前と言えば、セキュリティソフトの新規導入(正確に言えば、ソフト会社の切り替え)をしました。想定したのは、例えば、「セキュリティソフトのブロックが厳しすぎて、通常使用でも、回路切断を自動でしてしまう?」です。しかし、セキュリティソフトのFAQでも、このような現象は、「未報告」でした。

最初から考えてみる(原因の切り分け)

最初から考えてみました。原因の切り分けです。うちの場合は、「eo光」です。左側の電信柱から、「屋内の中継器」を通り、「②eo光多機能ルーター」に接続されています。この図とは異なりますが、②に有線LANで「無線LANルーター」を追加接続して、Wi-Fiを用いて、パソコンを利用です。

有線に切り替えてみる

パソコン側から考えるのが自然です。要するに、「末端から幹へ」です。パソコンを「②eo光多機能ルーター」に、有線LANで接続しました。なんと、1時間で数回程度の回線切断が「皆無」になりました。要するに、「無線LANルーター」が問題である事が、明確になりました。
・うちの場合は、ここだと分かりましたが、そうで無ければ、「②eo光多機能ルーター」を次に疑ったと思います。その次は、「屋内の中継器」が調査対象となります。

「無線LANルーター」が問題

うちの「無線LANルーター」は、以下の機種「バッファロー、WHR-300」です。最初は、「故障を疑いましたが、あまり短気を起こさないで、調査です。まずは、製品紹介HPです。
https://www.buffalo.jp/product/detail/whr-300.html

・製品紹介HPを、読み進めて行くと、気になる記載「無線LANの速度に影響を与える電波干渉。高速な11nも他の無線LANと干渉が起きると満足な性能が引き出せません。電波混雑防止機能は AOSS/WPS設定時に自動で無線LAN電波の全チャンネルをスキャンし、空いているチャンネルに自動で設定。手間をかけずに快適な無線チャンネルに切り替えてお使いいただけます。」です。

・本機器のマニュアルから、現在のチャンネル設定を確認(Web画面)したところ、「9チャンネル」でした。つまり、数か月前から、「9チャンネルか、隣接チャンネル」を使用する機器が近所に出現したと考えるのが妥当です。「Web画面」にも、「周囲に近い無線チャンネルを使用した無線機器がある場合、無線通信に影響があります。影響を回避するには以下の無線チャンネルに分けてご使用ください。11n/g/b:1, 6, 11チャンネル」と記載がありました。
https://www.buffalo.jp/s3/guide/html/html/air1300/router/c_pages/a_common2.html

・解決策は、2つあります。「手動で9チャンネルから離れた、例えば、1チャンネルに変更するか」、「自動に設定する」か、です。「自動」については、同じWeb画面に以下の記載がありました。「自動を選択した場合には、電波混雑防止機能により自動的にそのとき空いているチャンネルが使われます。現在のチャンネルには自動選択時に選ばれたチャンネルが表示されます」です。後者の「自動」を選択しました。
https://www.buffalo.jp/s3/guide/html/html/air1300/top/index.html

・「自動」にした所、自動的に空きチャンネルを探してくれました(確認時は、「6チャンネル」に変更)。1時間で数回程度の回線切断が、「皆無」になりました。なお、トラブルの際の「他者使用のWi-Fi」をiPhoneで見つけました。普段は、うちのWi-Fi(一番上の10…)だけなのに、電波が弱いとは言え、10個弱が発生していました(一度に無線LANルーターを新たに起動しているのか、疑問が残りますが…)。ただ、常時ではない事も確認済みです。13チャンネルしか無いのに、このような状況では、「電波干渉が起きて、当たり前」です。皆さんも、「他者使用のWi-Fi」状況をご確認ください。

・なお、今回の対応策の初期値は、「自動」です。ただ、「自動」でも、「問題がある可能性」が少しだけあります。つまり、例えば、「自動で6チャンネル」になっても、近所の方が、あとから「6チャンネル」に設定するケースです。
・あとから「6チャンネル」で邪魔されても、それを逃げる「自動」では無いと思わるので、うちでは「切断」が発生しました。この場合は、「次善の策」で、通常は使用されない「手動で1チャンネル」で解決しました。

他者のWi-Fiの使用チャンネルを、確認可能です。コマンドプロンプトで「netsh wlan show networks mode=bssid」実行をお願いします。その結果として、他者のWi-Fiは、「7チャンネル」「8チャンネル」「11チャンネル」を使用している事が分かりました。従って、うちは、「1チャンネル」が適切です。
・なお、スマホアプリ「Wi-Fiみれる(android版)」では、以下の参考写真(10チャンネルを選択中)のように、グラフで分かるので、見やすいです。iPhone版では、グラフ無しで残念でした。

・また、iPhoneは、「Apple純正のアプリAirMacユーティリティ」をお使いください。グラフ機能は無いのですが、重複チャンネルが一覧で分かるので、お勧めです。

なぜ、電波干渉が発生したのか?

1~13チャンネルが利用可能ですが、うちも、近所も、初期値(9チャンネルか、隣接チャンネル)で、「固定チャンネルで使用」していたようです。うちが「9チャンネル」使用の場合に、近所からも「9チャンネルか、隣接チャンネル」の電波が一日中、出ていたので、電波干渉が発生したと思われます。
・近所回りで確認するわけにもいかないので、どの家なのかは、確認できていません…ただ、おそらく、近所も同じ回線切断が発生したはずです。解決して、双方が良かったです。

11n倍速モード」設定は、要注意です。うちの「無線LANルーター」の設定画面で、「無線通信は1チャンネルあたり20MHzの帯域を使用しています。 11n倍速モードは 40 MHzの帯域を使用し、通信速度を高速化します。」と記載です。
・つまり、「11n倍速モード」にすると、電波干渉の可能性が高くなります。本モードの設定は、慎重にお願いします。うちでは、未使用です。

・なお、各チャンネルの2.4GHz帯(2.412~2.472GHz、IEEE 802.11b、本来14チャンネルだが、機器により13チャンネル)の使用周波数の範囲図を以下に示します。リンク先を参考にさせて頂きました。うちの場合では、他者が「9チャンネル(2.452:2.441~2.463GHz)」の場合、「1チャンネル(2.412:2.401~2.423GHz)」にすれば、電波干渉ゼロになる事が分かります(「13チャンネル(2.472:2.461~2.483GHz)」では、少し、重なる)。
https://www.wifi-lesson.net/channelconflict.html

・なお、5GHz帯(IEEE 802.11a)を使用する機器では、利用可能なチャネル数は19あり、チャンネルが重ならないので、電波干渉がほぼ生じないと言えます。
・ただ、それぞれの特徴が以下の通りです。「2.4GHz帯:障害物に強く、遠くまで届くが、電波干渉が起きやすい」、「5GHz帯:障害物に弱く、遠くまで届きにくいが、電波干渉が起きにくい」、「60GHz帯:5GHz帯よりも更に遠くまで届かず、通信距離は10m程度になるので、別室で使う用途には不向き(要するに、わざわざ、無線にする意味が無く、有線にすべきです」です。田舎の一軒家では、「2.4GHz帯」で、大都会では、「5GHz帯」でしょうか。使い分けをご検討ください。

うちの「無線LANルーター」は、「IEEE 802.11b(2.4GHz帯、最大11Mbps)」「IEEE 802.11g(2.4GHz帯、最大54Mbps)」「IEEE 802.11n(2.4GHz帯と5GHz帯、最大300Mbps、Wi-Fi 4)」準拠とHP記載でした。ただ、「2.4GHz帯」の電波仕様なので、「IEEE 802.11n(2.4GHz帯と5GHz帯、最大300Mbps)」となります。各機器の電波仕様の再確認もお願いします。

回線切断の他の理由

こちらのFAQでも、関連記載がありました。「1:無線チャンネルの変更(4チャンネル以上を離して)」「2:ルータースイッチの切り替え」「3:ファームウェアのアップデート」です。うちは、「1:無線チャンネルの変更」で、解決でしたが、それでもダメなら、他の方法を試す予定でした。
https://www.buffalo.jp/support/faq/detail/15293.html

・うちは、数か月前からの急な回線切断の発生です。その観点から、「2:ルータースイッチの切り替え」の可能性は低く、「1:無線チャンネルの変更」か「3:ファームウェアのアップデート」が妥当です。なお、「1:無線チャンネルの変更」は、上記リンク先に「4チャンネル以上を離して、 いくつかの無線チャンネルを試し、最も無線接続が安定するチャンネルを見つけてご利用ください」とあったので、付記しておきます。

・なお、過去に調子が悪くなった、この「無線LANルーター」本体の電源トラブルを解決して、復活しました。このような「本体トラブルの可能性」もあります。参考記事です。https://daijoubudayo.com/money/wireless

ルーター機能「OFF」の妥当性

うちの「無線LANルーター」は、ルーター機能「OFF」でした。念のため、「2:ルータースイッチの切り替え」を確認しました。ただ、上記リンク先にある「上位モデム/CTU/ONUにルーター機能が搭載されている場合は、Wi-Fiルーターはブリッジモードで使用する必要があります」に相当するので、「OFF」で問題無しと考えます。

まとめ

Wi-Fi(無線ネットワーク)における回線切断トラブルの解決策です。数か月前から「1時間に数回程度」の回線切断が急に発生して、調子が悪くなりました。結果として、「自動で、空きチャンネル活用へ」で解決しました。次善の策は、「手動で1チャンネル」です。
・他の原因として、「契約内容変更」「セキュリティソフト」も候補でしたが、違っていました。
・数か月前から、近所で「同じか、隣接チャンネル」を使用していた事が原因のようです。おそらく、近所も同じ回線切断が発生して、不調だったはずです。解決して双方に良かったです。

皆さんのご参考まで(^^) 何かあれば、お気軽にお問合せください。

2021年5月1日
更新日:2021年9月5日(他者のWi-Fiの使用チャンネルの確認方法を追記)

関連記事

・関連記事で、【無線ネットワーク】Wi-Fi「安全性の低いセキュリティ」対応です。「AOSS」無しで成功しました。https://daijoubudayo.com/money/wireless_trouble/

・上記も含めた、本ブログの「お金の節約」カテゴリーの記事リスト(約20件)です。他の記事もどうぞ。分かりにくい「年金」の話もあります。

【まとめ版】本ブログの「お金の節約」カテゴリー(購入して良かったモノ、自動車関連、確定申告、年金、ネットワーク、メルカリ活用など)の記事リスト本ブログ「大丈夫だよblog」の「お金の節約」カテゴリー(購入して良かったモノ、自動車関連、確定申告、年金、ネットワーク、メルカリ活用など)の記事リスト(約20件)です。グループ別に記載しておきます。...
ABOUT ME
雲(関西人)です。DIY(猫モノ、リノベーション/リフォーム、ホームガーデン、バラフェンス)、お金・節約(購入して良かったモノ、自動車関連、確定申告、年金、ネットワーク)、独り言(水槽、仕事、ブログ、ン猫)を中心に、オリジナルな視点で、生活の知恵を書きたいと思います。写真多めです。 何かあれば、お問い合わせください。励みになりますので… 今後とも、よろしくお願い致します。Instagram(ユーザーネーム: shimaishitsupo)も、私なので、こちらも、どうぞ。