DIYで快適な生活を

【DIY】「ミニ格子戸」を、「障子」の改造で簡単に(縦棒12本の追加のみで)

格子戸(格子扉)」は、扉として部屋を隔てる「間仕切り(パーテーション)」機能の他に、「目隠し採光換気」の機能もあります。
・「和」を感じるので、好きな方も多いと思います。「ミニ格子戸」を、「障子」の改造で簡単に作ったので、ご報告です。

雲くん
雲くん
格子戸の自作は、どうしても大掛かりになりがちです。今回、約80cm角のミニ格子戸(格子扉)を簡単に自作しました。

うちの「ミニ格子戸」の用途「猫の脱走防止策(網戸対策)」

うちでは、「猫の脱走防止策(網戸対策)」で、ミニ格子戸が必要でした。参考記事をリンクします。「採光、換気」で活用でも活用可能です。
・なお、他用途で、例えば、「本棚」「置物ケース」「書類ケース」「工具置き場」「間仕切り」等にも、応用できます。

【DIY】猫の網戸の脱走防止対策で、障子を「格子戸」に二階の窓辺の改善です。「猫の脱走防止対策」「猫の足元のミニ猫台」がポイントです。 ・障子を格子戸に改造しましたが、「縦棒を12本追加」だけで、可能です。簡単に「格子戸」に出来るので、ぜひトライください。...

「ミニ格子戸」を、「障子」の改造で簡単に作りました

今回、「ミニ格子戸」を、「障子」の改造で簡単に作りました。目的は、「猫の脱走防止策(網戸対策)」です。

・「障子」ベースの「ミニ格子戸(80cm角)」の作り方を以下に示します。
・要するに、「縦棒を12本追加するだけ」なので、簡単でした。なお、うちの猫の場合ですが、5cm以下を隙間基準としており、格子間隔(隙間)は、4cmなので、隙間基準を満たしています。

障子紙を外す ・障子を濡らすと、障子紙が外れます。
3本の縦棒を追加 ・障子のマス目毎に、3本の縦棒を追加です。下の写真の赤丸を追加です。「4箇所×3本=計12本」です。
縦棒の固定 ・それぞれの縦棒で、5箇所と接着部分も多いので、「木工用ボンド」だけで固定しました。木ネジ無しです。

・なお、「縦棒の固定」では、縦棒が接着するまで、例えば、「ハンドクランプ、約350円」で固定しました。しっかりと抑えつけた方が、接着力が増大します(うちは、4個のハンドクラフト保有なので、計12本を6回繰り返しを行い、接着完了まで、二日間掛かりました)。


E-Value ナイロン製 ロックハンドクランプ 全長170mm 口の開き約40mm RH

ポイントは、「縦棒の抑え止め(1cm角材)」です。以下の写真のように、格子が多いので、縦棒が手前に外れないように、抑えています。これが無いと、縦棒が枠から外れる可能性が高くなります。
赤丸が「追加した縦棒」で、手前が元からある「障子枠」です。

ミニ格子戸(格子扉)の作り方(応用編)

前述までは、「障子+縦棒12本」でしたが、「障子無しでの応用編」を記載します。うちでは問題無いのですが、前述では、「障子の半分が、本来の障子用途で使えなくなる」が課題です。
・例えば、下記の図のように、「全体枠:3cm角材を80cm×4本」「横棒:1cm角材を80cm×3本」「縦棒:1cm角材を80cm×15本」「縦棒の抑え:1cm角材を80cm×2本」が全体設計です。
・なお、「80cm」と記載していますが、木の組み方で80cmよりも短い部分が出てきますので、まずは、全体設計してから、長さを決定ください。
・また、「全体枠:3cm角材」としたのは、ある程度の強度が必要なのと、上記の写真のように「縦棒:1cm角材」+「縦棒の抑え:1cm角材」で、最低でも2cmは必要です。
・「横棒/縦棒:1cm角材」としたのは、80cmの長さであれば、0.5cm角材では弱く、1.5cm角材では格子が太すぎて見栄えが悪い、と考えたためです。

ミニ格子戸(格子扉)を「角材」から格調が高い「丸棒」へ

・「1cm角材」では無く、格調が高い「1cm丸棒」に変更する方法もあります。ただ、「丸棒」は、「均等間隔」にするのが、非常に困難です。これを解決するのが、リンク先の参考記事の「内枠方式」であり、お勧めです。

【DIY】間隔が均等な「格子戸」作り方(ポイントは、格子棒が丸形で内枠方式)間隔が均等な「格子戸」の作り方で、格子棒が、初級(正方形)/中級(長方形)/上級(丸)のご紹介です。特に、「上級:丸、内枠方式」がご提案で、木ネジも不要となります。 ・この方法であれば、ドリルで穴あけするだけで、「格子」間隔が均等になり簡単です。また、「格子棒」の重さも、「初級」の重さ約1/7か、「中級」の重さ約1/3であり、軽くなります。おすすめです。...

・例えば、「1cm丸棒、91cm、5本、約650円」です。


岡元木材 南洋材丸棒 直径10mm×910mm 5本入

まとめ

「ミニ格子戸」を、「障子」の改造で簡単に作りました。「縦棒を12本追加するだけ」でした。
・「格子戸(格子扉)」は、扉として部屋を隔てる「間仕切り(パーテーション)」機能の他に、「目隠し採光換気」の機能もあるので、活用範囲が広いです。

皆さんのご参考まで(^^) 何かあれば、お気軽にお問い合わせください。

2021年7月21日
更新日:2021年11月22日(記事構成の改善)

関連記事

・関連記事「間隔が均等な格子戸作り方(ポイントは、格子棒が丸形で内枠方式)」です:https://daijoubudayo.com/diy/latticedoor/

本記事⑦も含めた「格子戸/格子」の記事マップです。キーワードは、「猫ドア」「目隠し」「仏壇」です。ご興味があれば、下記のリンク先からどうぞ。https://daijoubudayo.com/diy/latticedoor_list/

上記も含めた、本ブログのDIYカテゴリー(猫モノ、バラフェンス、野菜/果物、格子戸など)の記事リスト(約30件)です。他の記事も、どうぞ。
・各記事の左上に「検索窓」があるので、気になるキーワードを入れて頂ければ、ご要望の記事があるかもしれません。

【記事リスト】「DIY」カテゴリー(猫モノ、バラフェンス、野菜/果物、格子戸など)本ブログ「大丈夫だよblog」のDIYカテゴリ(猫モノ、バラフェンス、野菜/果物、格子戸など)の記事リスト(約30件)です。グループ別に記載し、ベスト5の人気記事に★してあります。...
ABOUT ME
雲(関西人)です。DIY(猫モノ、バラフェンス、野菜/果物、格子戸)、お金と時間の節約(ネットワーク関連、自動車関連、購入/料金と修理、確定申告/税金/年金、メルカリ活用)、独り言(水槽、ブログ、仕事、猫と人間)を中心に、オリジナルな視点で、生活の知恵を書きたいと思います。 ・何かあれば、お問い合わせください。励みになりますので… 今後とも、よろしくお願い致します。Instagram(ユーザーネーム: shimaishitsupo)も、私なので、こちらも、どうぞ。