DIYで快適な生活を

【DIY】計10箇所の猫ドアの工夫を5つのキーワード別にご紹介

計10箇所の「猫ドア」の工夫を5つのキーワード別にご紹介します。
・猫ドアは、「猫だけ通れる/猫を止めるモノ」ですが、色々な工夫が必要です。

うちの猫のそれぞれの部屋の出入りで、何がベストなのか、悩んでいます…

雲くん
雲くん
  猫ドアのベストを考えるのは、時間がかかります。キーワード別に記載したので、どれかが必ず参考になると考えます。

うちの猫ドア関係のご紹介(5つのキーワード別

計10箇所ありますが、5つのキーワード別に記載です。①が4箇所で、残りは1箇所~数箇所です。

①部屋から部屋へ自由に ・一般的に「猫ドア」と言われるモノです。
・通常、ドアですが、障子向けも記載です。
②出入りも楽しく ・「猫ドア」の応用編ですが、少し、遊びの要素を入れて。
③窓サッシから屋外へ ・キャットケージ(ペットケージ、ドックケージ)を屋外に設置しているの、それへの出入りです。防犯上も重要です。
④その部屋に入らないように ・猫は自由に入らせない工夫です。人間は自由に出入りしたいです。冷暖房が目的であったり、窓辺対策、玄関対策もあります。
⑤その場所に入らないように ・仏壇や水槽での工夫です。猫のいたずら対策です。

①部屋から部屋へ自由に(猫ドア)

・冷暖房が必要なので、ドアを閉めた場合で、出入りが必要です。うちでは、市販の「猫ドア」を活用です。例えば、「猫ドア、20cm×18.5cm×5.5cm、Lサイズ、約1700円」です。購入される際は、猫の大きさに合わせて、他のMサイズ/XLサイズもご検討ください。自作も考えましたが、「ドア可動部の耐久性」も考えると、市販が良さそうです。


Ycozy ペットドア 犬猫出入り口 4way切替 ロック キャットドア 室内用 犬猫用ドア 取り付け簡単 猫扉 冷暖房対策 中小型猫/小型犬用 | 茶色 L

・本製品は、「オープン、インのみ、アウトのみ、クローズの4種類に使い分け」「磁石付きなのでドアが元に戻る」の機能があります。特に「磁石付き」が気に入っています。
・コメントですが、家をあける時もあるので、「接着剤で、常にオープン」にしています。うちでは、通り抜けが出来なくなるのが不安でしたので。もちろん、メーカー説明書では、「使い分けが可能」と記載してありますし、トラブルがあったわけではないので、申し添えておきます。

・トイレでの設置写真です。市販の「猫ドア」は、色々な色があるので、ドアに合わせた色をお楽しみください。猫の大きさに合わせて、「床から少し高め」がコツです。取説に記載と思います。
・なお、ドアに電動ドリルで4隅に穴をあけ、その穴の間も多数の穴をあけます。ヤスリで側面を直線にすると、きれいな「四角い穴」となります。うちでは、ノコギリ無しで、作業できました。「電動ドライバー(電動ドリル)」に関する関連記事「電動ドライバーの買い方は、バッテリー2個も含めた3つのポイント重視で」です。https://daijoubudayo.com/diy/screwdriver/

冷暖房があまり必要でない場合

・冷暖房があまり必要でない場合は、ドアが完全に閉まらなくても、良いです。「猫の手が入る隙間」があればば、猫が自由に出入りできます。「端材(35mmの角材)」で隙間確保です。軽く押すと開きますが、自宅の傾斜のせいで、自然に元に戻る「自動ドア」です(笑)。
・工夫した点は、人間の邪魔にならない出っ張り幅です。必要最小限の「約5mm」としました。今のところ、人間が引っかかったりしていません。なお、動かないように、しっかりと木ネジで柱に接合しています。

  

・猫は自分で開けて、中に入り、同様にして、外に出ています。自由自在です。

     

ドアではなく、障子に猫ドアを

うちでは縁側と部屋の仕切り(障子)は、風止め程度でOKです。市販の「猫ドア」までの密閉性は不要なので、布を活用した「障子向けの簡易ドア」としました。関連記事を下記に示します。「障子」に穴を開けにくいのも理由です。

【DIY】障子向けの簡易型猫ドアの作り方(分厚い布を活用)障子向けの「簡易型猫ドア(ペットドア)」を「分厚い布の活用」です。注意ポイントを丁寧に記載しました。隙間風ゼロなので、気に入っています。「布」なので、費用もほぼゼロ円です。...

ドアではなく、襖に猫ドアを

」に「猫ドア」が、必要な場合があります。下記の関連記事の下部に詳細があります。以下の写真は、襖を意図的に開けた所です。普段は閉めています。「襖」に穴を開けにくいのも理由です。

【DIY】天井キャットウォークの安く3000円での作り方(ポイントは、落下防止策)天井キャットウォークの安く3000円での作り方です。部屋コーナー(角)の場所に、作りました。手作りでおしゃれにできました。おすすめです。 ・ポイントは、落下防止策です。「L字金具」と「自作金具」で実現しました。また、壁の「柱」も活用しました。...

②出入りも楽しく(ダクトホース)

「猫の出入り」が必要な個所で、「ダクトホース」を使用して、変化を付けています。以下の写真です。手前から入ります。

・例えば、「ダクトホース(配管ホース)、径20cm、長さ5m、約2400円」ですが、径15cm→径20cmでお願いします。猫の大きさにも拠りますが、うちの猫は、径15cmでは小さいので、「径20cm」で丁度良いです。なお、両端に針金が飛び出る可能性(猫を傷つける等)があるので、養生テープ等で補強が必要です。
ダクトホース 収納型フレキシブルダクト OOPPEN 換気用アルミホース 排気ホース 換気用ホース 換気パイプ 排気ダクト 耐熱 防水 [メーカー1年保証] (150mm*5m)

・市販の専用品では、「キャットトンネル、径25cm、長さ120cm、約1500円」です。

PAWZ Road 猫 トンネル キャットトンネル おもちゃ 長い 折りたたみ S型 2穴付き 直径25CM 茶色

・ダクトホースに接続させて使っているのが、「キャットトンネル(2又)、径25cm、長さ80cm、約1400円」です。より、変化を楽しんでいます。



猫 トンネル 猫 おもちゃ 3通 キャットトンネル ペット玩具 折りたたみ式 猫用おもちゃ ウサギとんねる ペット運動不足対策

③窓サッシから屋外のキャットケージ(ペットケージ、ドックケージ)へ

・屋外にキャットケージがあるので、「室内(縁側)→窓サッシ→屋外のキャットケージ」と猫の移動を考えた時に、「窓サッシ」に「猫ドア」設置を検討しました。
・例えば、「窓サッシ用猫ドア、14cm×16.5cm、高さ85cm~125cm、約2万円」です。うちの窓サッシでは、高さが足りません。
窓用 パネルキャットドア- SS型 [850~1250] スチール製

・こちらなら、「窓サッシ用猫ドア、14cm×16.5cm、高さ150cm~230cm、約2.4万円」と、高さOKです。ただ、うちの猫では、「18cm×18cm」以上でないと小さい事もあり、断念しました。
サッシ用 パネルキャットドア S (1m50cm~2m30cm) スチール製 (ダークブラウン)

・結論として、「18cm×18cm」以上が無かった事と、高価である事と、上記商品には、ロック機能も付いていますが、防犯上の心配もあり、「窓サッシは、普通に使う(要するに、外出時は、通常の戸締り)」としました。普段は、このように猫が出入りしています。屋外のキャットケージの関連記事を以下に示します。

  
【DIY】屋外キャットケージ(幅2m/高さ2m)の安く1万円の作り方屋外キャットケージ(ペットケージ、ドックケージ)の安く1万円の作り方です(犬にも有効です)。メッシュフェンス(境界フェンス、メッシュパネル)を活用しましたが、おすすめです。大きさは、「幅2m/高さ2m」と大型です。2階ベランダにも、半分の大きさを自作ですが、簡単でした。 ・材料費は、「メッシュフェンス+木材等」で約1万円です。なお、4つの設計ポイント(注意ポイント)を記載しました。特に、補強材の「木材35mm角」がポイントです。...

④その部屋に入らないように(引き戸、二階の窓辺、玄関)

冷暖房のため、開けっ放しを避けて、「猫ドア」をアチコチに付けるのも、数が増えます。「猫ドア」以外の、「猫は出入りできないが、人間は出入りできる」も必要です。
・「引き戸ブロッカー」と名付けた対策です。。約100円と安くもあり、確実な対策なので、意外と評判が良いです。その作り方の関連記事を下記に示します。

【DIY】猫の引き戸対策/ふすま対策を100円「養生カバー」で安い解決策(3つの理由)猫が「引き戸(スライドドア)」「ふすま(襖)」を開けないような工夫です。100円「養生カバー」で安い解決策です。確実で、もう大丈夫です。 ・3つの理由「①猫に確実な効果があり、安価」「②追加アクション無し」「③人間の邪魔にならない」も含めて、注意ポイントを丁寧に記載しました。他の方法の課題も記載しました。...

・二階の窓辺において、猫の脱走防止対策(網戸対策)で、関連記事「障子をミニ格子戸(格子)に改造」を下記に示します。

【DIY】猫の網戸の脱走防止対策で、障子を「格子戸」に二階の窓辺の改善です。「猫の脱走防止対策」「猫の足元のミニ猫台」がポイントです。 ・障子を格子戸に改造しましたが、「縦棒を12本追加」だけで、可能です。簡単に「格子戸」に出来るので、ぜひトライください。...

・玄関における「格子戸(格子)」を活用した関連記事「折り畳み式の猫ドア」を下記に示します。

【DIY】脱走防止で、折り畳み式の「格子戸」猫ドアを安く1万円の作り方・折り畳み式の「格子戸」猫ドアの安く1万円の作り方です。要するに、ある程度の厚み(4cm)の大型品なので、蝶番の取り付け位置(土台も含む)も最初から考慮してから、猫ドアの幅を設計し、猫ドアの内部である「格子戸を設計する」という事です。 ・ドア強度が弱かったり、閉まらなかったり、スムーズに動かないのは、避けたいです。 ・特に「格子戸」の作り方が役に立つと考えます。扉/出入り口/間仕切り/パーテーションにも、使えるモノです。...

⑤その場所に入らないように(仏壇、水槽)

1つは、「仏壇」です。「格子戸(格子)」で、確実な対策を行いました。関連記事を下記に示します。木製で、間仕切り/パーテーションにも使えます。

【DIY】仏壇の猫対策を完璧に行いました(格子戸の活用で)仏壇の猫対策を完璧に行いました。「格子戸の活用」です。工夫ポイントを丁寧に記載です。仏壇に合うと思います。特に、「格子戸のキャスター」に工夫しました。 ・なお、木製で、間仕切り/パーテーションにも、使えるモノです。...

・もう1つは、「水槽」です。水槽の上から、猫が手を出すので、それを防ぎたいです。100均の「ワイヤーネット」が良いと考えます。以下の写真です。ワイヤーネットを止めているのは、「ダブルクリップ(ターンクリップ)」です。水槽の上の「アルミ格子蓋」も載せておきます。二重での対策です。関連記事「アルミのミニ格子戸(格子)の作り方(水槽の猫対策)」を下記に示します。https://daijoubudayo.com/diy/aluminum_latticedoor/

  

まとめ

計10箇所の「猫ドア」の工夫を5つのキーワード別にご紹介します。「部屋から部屋へ自由に」「その場所に入らないように」等です。
・猫ドアは、「猫だけ通れる/猫を止めるモノ」ですが、色々な工夫が必要です。
・猫ドアのベストを考えるのは、時間がかかります。キーワード別に記載したので、どれかが必ず参考になると考えます。

皆さんのご参考まで(^^) 何かあれば、お気軽にお問い合わせください。

2021年3月28日
更新日:2021年4月12日

関連記事

・関連記事「間隔が均等な格子戸作り方(ポイントは、格子棒が丸形で内枠方式)」です:https://daijoubudayo.com/diy/latticedoor/

本記事も含めた「格子戸/格子」の記事マップです。キーワードは、「猫ドア」「目隠し」「仏壇」です。ご興味があれば、下記のリンク先からどうぞ。https://daijoubudayo.com/diy/latticedoor_list/

上記も含めた、本ブログのDIYカテゴリー(猫モノ、バラフェンス、野菜/果物、格子戸など)の記事リスト(約30件)です。他の記事も、どうぞ。
・各記事の左上に「検索窓」があるので、気になるキーワードを入れて頂ければ、ご要望の記事があるかもしれません。

【記事リスト】「DIY」カテゴリー(猫モノ、バラフェンス、野菜/果物、格子戸など)本ブログ「大丈夫だよblog」のDIYカテゴリ(猫モノ、バラフェンス、野菜/果物、格子戸など)の記事リスト(約30件)です。グループ別に記載し、ベスト5の人気記事に★してあります。...
ABOUT ME
雲(関西人)です。DIY(猫モノ、バラフェンス、野菜/果物、格子戸)、お金と時間の節約(ネットワーク関連、自動車関連、購入/料金と修理、確定申告/税金/年金、メルカリ活用)、独り言(水槽、ブログ、仕事、猫と人間)を中心に、オリジナルな視点で、生活の知恵を書きたいと思います。 ・何かあれば、お問い合わせください。励みになりますので… 今後とも、よろしくお願い致します。Instagram(ユーザーネーム: shimaishitsupo)も、私なので、こちらも、どうぞ。