DIYで快適な生活を

【DIY】ランチ机(テーブル)を安く約2500円で作りました。写真多めで。設計ポイント(注意ポイント)を丁寧に記載。

屋外ウッドデッキで、ランチが食べたくなりました。ランチ机(テーブル)を安く約2500円で作りました。写真多めで、分かりやすさを心がけました。設計ポイント(注意ポイント)を丁寧に記載しました。

・ポイントは、「ダボ活用でネジ無し」です。トライした結果です。「ネジ」での緩み等のトラブルが皆無です。まあ、まあ、上手く出来ました。皆さんも、いかがでしょうか(^^)

・写真で見えている「ポータブルチェア」は、ホームセンターで約2200円で購入しました。例えば、「ポータブルチェア、約2300円」もご参考です。
BUNDOK(バンドック) ポータブル チェア カーキ BD-112KA 簡単組立 レジャー コンパクト収納

ランチ机の設計図

ランチ机の「机寸法や高さ」は、「キャットケージ(ペットケージ、ドックケージ)の大きさ」と「チェアの座面高さ」をあらかじめ考えて、慎重に設計しました。キャットケージの「床の大きさ:200cm×105cm」で、ランチ机の「天板:45cm×80cm」です。丁度良い感じと思います。ちなみに、コーナーに居るのは、陶器の猫です。

・「キャットケージ(ペットケージ、ドックケージ)とランチ机」の現状をこの記事で記載しています。よろしければ、どうぞ。https://daijoubudayo.com/diy/catcage_lunch/

・設計図は、以下の通りです。天板には厚めの杉板で品を出してみました。
・木材カットは、垂直が出ていないと、組み立て後に隙間が発生します。ホームセンターでカットをお願いした方が望ましいです。(私は、自分でカットしたので、多少の隙間がありますが、それも味わいと納得しています)

・それと強度アップのため、コーナーを三角木材で補強しています。

・例えば、「24mm×180mm×4m(杉板)、約1100円」がホームセンターでありました。軽いので、「杉板」が良いです。

・例えば、「35mm角×長さ2m(赤松)、約240円」がホームセンターでありました。私は、長さ2mでも曲がらないので、35mm角をよく使います。

・例えば、「透明ニス、0.7L、約1800円」。「透明ニス」有りの方が、耐久性が高いと思いますが、そもそも、屋外に出しっぱなしにしないので、無しでも良いかも。
アサヒペン 超耐久屋外用ニス 0.7L 透明(クリヤ)

ダボの選択と購入

ダボ(20個を使用、力がかかるので、径8mmではなく径10mm選択)が必要です。例えば、「ダボ、径10mm、長さ40mm、100個、約600円」。

JTMIX 木ダボ 10☓40mm 100本入 木工ダボ 木 ダボ ダボマーカー 木釘 ダボ用マーキングポンチ 木製のダボ ウッドキルン 乾燥した溝付き面取りハードウッド 棚受け 家具 DIYつなぎ ジョイント ダボ継ぎ

(ポイント)
・ダボの深さが一定でないとダメです。自信が無かったので、ドリルストッパーを使用しました。この治具は、プラスチック面なので、傷が付きくかったです。例えば、「ドリルストッパー、プラスチック面、約430円」ですが、私は8mm→10mmを購入しました。スターエム 5005-080 ドリルストッパー 8mm

・40mmダボなので、半分の20mmに、余裕の3mm(2mmでも良いかも。だだ、ゼロだとダボが出っ張ります)を加えて、23mmの深さです。ドリルの先が斜めなので、目測ではミリ単位の精度が困難です。以下に示す補助治具(自作)がお勧めです。穴あけ後に、ミニレンチで深さ確認しましたがバッチリでした。

・それと、ダボの頭に接着剤をつけない方が良いです。接着剤の厚みでダボが出っ張りますので。

ダボ活用した具体的な組み立て方法

・写真で流れをお楽しみください。

木材をたたくときは、木槌と古タオルで優しく願いします。

必要な道具の全体像

・以下の通りです。下から上に、使う順に、置いてみました。

・ただ、深い穴の場合、垂直が出ていないと、ダボが割れると思います。円形のドリルガイド(中央にあります)もお勧めです。ダボ以外のドリル使用時にも使えます。
・今回は、28mmの深い穴の時にだけ、使いましたが、今後、活用予定です。例えば、「円形のドリルガイド(ドリルスタンド)、約2700円」。
Flushbay ドリルガイドキット 垂直 穴あけ 45度 6/7/8/9/10mm 5サイズ ドリルブッシング 木工工具 耐久性 電動ハンドドリル

・また、ダボの中心を合わせるために、ダボマーカーを使用しました。押しピンみたいなモノです。以下が、使用した例です。例えば、「ダボマーカー、1セット、約1000円」。
ダボマーカー、木工ダボ、ダボ用マーキングポンチ.ダボ用木工ドリルビットアライメントツールポイントマーク6 mm 8 mm 10 mm 13 mm(各サイズ2個) (ソリッド)

・うちでは、穴開け/木ネジ回しに「電動ドライバー、充電式、約5000円」を使っています。電池が2個なので、交換できますし、LEDライト/ドリルセットも嬉しいです。


HUNDA 電動ドライバー ドリルドライバーセット 充電式 1台3役 コードレス 日曜大工 トルク25+1無段変速 正逆転可能 12.8V 37セットLED照明 日本語取扱説明書 収納バッグ

・また、木材切断に「マキタ(Makita) 、ジグソー、コンセント式、約13000円」を使用しており、重宝しています。同一機能では、安いと考えます。充電式では、長時間の使用は無理なので、コンセント式がお勧めです。マキタ(Makita) ジグソー オービタル付 JV0600K

まとめ

・「ダボ活用でネジ無し」にトライしましたが、うまく出来ました。設計ポイント(注意ポイント)を丁寧に記載しました。注意ポイントは、「ダボ穴のミリ単位の深さ精度」でした。

・材料費は、「24mm×180mm×4m(杉板)、約1100円」、「35mm角×長さ2m(赤松)、約240円」×3本で820円、ダボ600円で、合計で約2500円です。

皆さんのご参考まで(^^) 何かあれば、お気軽にお問合せください。

2020年11月19日
更新日:2020年12月19日
更新日:2020年12月30日

関連記事

他のDIYテクニックで、「格子戸」の工夫もあります。
・格子戸の「格子」間隔が均等な作り方:https://daijoubudayo.com/diy/latticedoor/

上記も含めた、本ブログのDIYカテゴリー(猫モノ、格子戸活用、リノベーション/リフォーム、ホームガーデン、バラフェンスなど)の記事リスト(約30件)です。他の記事も、どうぞ。
・各記事の左上に「検索窓」があるので、気になるキーワードを入れて頂ければ、ご要望の記事があるかもしれません。

【まとめ版】本ブログのDIY関連カテゴリー(猫モノ、格子戸活用、リノベーション/リフォーム、ホームガーデン、バラフェンスなど)の記事リスト本ブログ「大丈夫だよblog」のDIY関連カテゴリー(猫モノ、格子戸活用、リノベーション/リフォーム、ホームガーデン、バラフェンスなど)の記事リスト(約30件)です。グループ別に記載し、ベスト5の人気記事に★しておきます。...
ABOUT ME
雲(関西人)です。DIY(猫モノ、リノベーション/リフォーム、ホームガーデン、バラフェンス)、お金・節約(購入して良かったモノ、自動車関連、確定申告、年金、ネットワーク)、独り言(水槽、仕事、ブログ、ン猫)を中心に、オリジナルな視点で、生活の知恵を書きたいと思います。写真多めです。 何かあれば、お問い合わせください。励みになりますので… 今後とも、よろしくお願い致します。Instagram(ユーザーネーム: shimaishitsupo)も、私なので、こちらも、どうぞ。