気ままな独り言

【水槽(アクアリウム)】ボトムプレート使用是非の検討結果<動画あり>。デメリット記載。

水槽(アクアリウム)で、底砂と一緒に使用する「水作ボトムプレート(水作ボトムフィルター)」を検討されている方は、多いと考えます。約3年の経験から、使用是非の検討結果のご報告です。デメリットを記載しました。

雲くん
雲くん
「水作ボトムプレート(水作ボトムフィルター)」は、底砂の下部に、水流が発生するので、有効です。ただ、デメリットもあるので、ご報告です。

「水作ボトムプレート(水作ボトムフィルター)」のデメリットと考えた点<動画あり>

・「水作ボトムプレート(水作ボトムフィルター)」のデメリットと考えた点をご説明です。以下の写真の「ボトムプレート無し」の方が、底の砂まで、よく吸っていると考えます。

・以下が動画です。底の砂まで、よく吸っている事が、お分かりと考えます。

 

・つまり、「ボトムプレート有り」だと、底の砂の「ボトムプレート」下部まで、「ゴミ(魚の糞など)」が吸いきれないです。「ボトムプレート」を外して確認しましたが、特に、「水槽の角」に溜まっていました(泣)

「ゴミ(魚の糞など)」を吸う場合に、重要なポイントは、「底砂(砂利)の粒度」です。前述の底砂は、「3mm~6mm」であり、「ゴミと底砂」の分離がスムーズです。これより小さいと一緒に吸ってしまう可能性大です。例えば、「底砂(砂利)、3~6mm、5㎏、約2100円」です。


ジェックス 麦飯石の砂利 5kg (粒サイズ:3-6mm)

水作ボトムプレート(水作ボトムフィルター)とは?

「水作エイトコア(水槽用フィルター)」と「水作ボトムプレート」で、「底砂の下に水流」を発生させています。これを組み合わせた写真です。例えば、「水作ボトムプレート(水作ボトムフィルター)、1枚、約230円<水作 ボトムフィルタープレート スクエアタイプ 1枚入り>」です。うちの場合は、計8枚(2×4)を使用していました。4枚連結の写真もご参考です。

  

・なお、メーカーHPでも推奨されている使い方です。「砂利の中に飼育水を通すことにより生物ろ過能力が強化され、より良い水づくりを実現します」と記載です。注意事項は、「水作エイトコア、Sサイズ/Mサイズ」だけで、「水作エイトコア、Lサイズ」では使用不可の点です。。

https://www.suisaku.com/product/eight/56/

  

・水槽立ち上げ時から、セットできれば良いのですが、水槽使用中から、セットする方法を、以下の記事で紹介しています(写真付き)。ご参考です。要するに、「手で水流発生」で、「底砂を移動」が効率的でした。https://daijoubudayo.com/diary/aquarium_filter/

どうして、こんなデメリットが発生するのか?

・ボトムプレートの横からの写真です。「厚みが1cm」です。要するに、この下の水流は確保できるのですが、「ゴミ(魚の糞など)」が溜まりやすいです。吸い上げようとしても、吸引力が足りません…

上記のデメリットは、うちの場合(水作プロホースでの掃除を2週間で1回ペース)です。例えば、「ゴミ(魚の糞など)」が溜まらないように、ボトムプレートの下部も、「数か月に一回に大掃除」する場合は、大問題にはならないと考えます。また、「強力な吸引力」でも良いのですが、うちで使用している「一般的な落下式」では難しいです。

吸引力を上げる工夫

うちで使用しているのは、「水作プロホース、Lサイズ、長さ44cm、約1900円」です。「底砂が吸い上がる」ところが、透明パイプのため、見えるので、「お勧め品」です。「Sサイズ」「Mサイズ」もありますが、水槽の深さと合わせて、お選びください。


水作 プロホース エクストラ 1個 (x 1)

・なお、「透明パイプ」の写真もご参考です。いい感じです。なお、うちの水槽では、エビもいるので、間違えて、吸い上げた時も、ストップできます。

・流量調整クリップの写真です。これで、「最小~最大」で流量調整が可能です。「最大でトライ」しましたが、「ボトムプレート有り」で、望む量の吸引力を得る事は、叶いませんでした。

・電動ポンプで「吸引力」をあげる事は、可能ですが、電動ポンプ内部に、「ゴミ(魚の糞など)」が入り込むので、「故障発生の可能性大」です。難しいです。

まとめ

水槽(アクアリウム)で、「水作ボトムプレート(水作ボトムフィルター)」のデメリットは、底の砂の「ボトムプレート」下部まで、「ゴミ(魚の糞など)」が吸いきれないです。従って、水槽の底砂と一緒に使用するケースでは、全面使いでは無く、「水作ボトムプレート1枚」が「ベスト」と考えます(底砂に沈めて、時々、その下も掃除で)。もちろんの事ながら、うちの場合(水作プロホースでの掃除を2週間で1回ペース)であり、「数か月に一回に大掃除」する場合は、「全面使い」が望ましいです。

皆さんのご参考まで(^^) 何かあれば、お気軽にお問い合わせください。

2021年9月19日
更新日:2021年9月20日(別名「(水作ボトムフィルター)」を追記)

関連記事

記事内の「【水作エイトコア 】水槽フィルターの最終形」です。ご参考まで。https://daijoubudayo.com/diary/aquarium_filter/

同じく、記事内の「【水作プロホース】水槽掃除(底砂)」です。https://daijoubudayo.com/diary/pro_hose/

水槽(アクアリウム)関連で、水質の劣化対策も含めて記載した「ミニ水槽の立ち上げ:https://daijoubudayo.com/diary/mini_aquarium/」、「小魚の水槽での飼い方https://daijoubudayo.com/diary/aquarium/」です。

・新しいメダカは、ネット販売で「傷つかない」重視で:https://daijoubudayo.com/diary/new_medaka/

・水槽(アクアリウム)の最初は、ミナミヌマエビで:https://daijoubudayo.com/diary/freshwater_shrimp/
・エビの餌やりは、「小皿」で解決:https://daijoubudayo.com/diary/freshwater_shrimp_foods/

なお、「アルミのミニ格子(水槽の猫対策)の作り方」も参考リンクしておきます。https://daijoubudayo.com/diy/aluminum_latticedoor/

上記も含めた、本ブログの「気ままな独り言」カテゴリー(水槽、仕事、ブログ、猫など)の記事リスト(約30件)です。他の記事も、どうぞ。
・各記事の左上に「検索窓」があるので、気になるキーワードを入れて頂ければ、ご要望の記事があるかもしれません。

【まとめ版】本ブログの「気ままな独り言」カテゴリー(水槽、仕事、ブログ、猫と人間)の記事リスト本ブログ「大丈夫だよblog」の「気ままな独り言」カテゴリー(水槽、仕事、ブログ、猫と人間)の記事リストです。グループ別に記載しておきます。...
ABOUT ME
雲(関西人)です。DIY(猫モノ、格子戸活用、リノベーション/リフォーム、ホームガーデン、バラフェンス)、お金・節約(購入して良かったモノ、自動車関連、確定申告、年金、ネットワーク)、独り言(水槽、仕事、ブログ、猫と人間)を中心に、オリジナルな視点で、生活の知恵を書きたいと思います。写真多めです。 何かあれば、お問い合わせください。励みになりますので… 今後とも、よろしくお願い致します。Instagram(ユーザーネーム: shimaishitsupo)も、私なので、こちらも、どうぞ。