DIYで快適な生活を

【リフォーム】キッチン回りでキッチンボート/吊り戸棚/ゴミ箱の作り方(ホワイト化)

DIYで、キッチン回りのリフォーム(リノベーション)で、キッチンボート/吊り戸棚/ゴミ箱の作り方(改良)です。写真多めで、設計ポイント(注意ポイント)を丁寧に記載しました。

キッチン回りのリフォーム(リノベーション)

中古住宅のため、キッチン回りを色々と新しくしたくなりました。ご紹介です。リフォーム(リノベーション)です。

キッチンボード「開き扉→引き出し」(ホワイト化

備え付けのキッチンボードが開き扉だったので、引き出しに変えました。オール自作です。

改造前の開き扉を参考添付です。奥まで、物が入らないので、使いにくかったです。また、色も木目調で少し暗めでした。

大仕事になりました。頑張りました。作り方ポイントを以下に示します。

①引き出しの寸法が大切です。内寸に合わせて設計です。 内寸に入るように、引き出し3個(同じ大きさ)にしました。各板の接合は、木ネジです。釘よりも組み立て精度が出るので。
・幅:「レールの幅が12.5mmなので、内寸-2×12.5mm」415-2×12.5=390mm
・奥行き:「ピッタリでは奥に当たるので、内寸-5mm」385-5=380mm
・高さ:「レール寸法から下から6mmの高さが引き出しの底になるので、内寸-6mmの余りを3で割ります。その値から各引き出しの間隔の15mmを引いた値」630-6=624mm、(624÷3)=208mm、208-15=193mm(193mmが窮屈だったので、次回は180mmでも良いかも)
②引き出しの前面につける化粧板を工夫しました。 塗料では耐久性が不安です。また、光沢を求めました。結論としては、高価でしたが「メラニン化粧板」を選択しました。満足しています。
③化粧板の幅と高さは、引き出しよりも大きくして、奥に行かないようにします。 大きくした数値は、改造前の開きの大きさから導出しました。
・幅:390+50=440mm
・高さ:193+20=213mm
つまり、開き扉の高さ639=213+9+213+9+213です。化粧板の各々の間隔を9mmにしました。
④化粧板がt=4mmと薄いので、引き出しと同素材を機械カットして裏面に貼り付けました。 貼り付けは、キッチンボード用の両面テープと接着剤を使用です。
⑤化粧板も同じく機械カットです。 手作業もトライしましたが、寸法精度が出ないのと切断面がガタガタしたので、ホームセンターで30円/カットで機械カットしてもらいました。
⑥取っ手は、高価であっても、全体の雰囲気に影響します。 たくさんの中から選択しました。
⑦引き出しレールの取り付けに苦労しました。 取り付け位置が数mmずれても引き出しがスムーズに動かないので慎重に。

部材費を以下に示します。

引き出し 910×1820mm(t=9mm)の板が7枚で8260円
レール 9本で約4000円
レール用ネジ 皿ネジ(M3×8mm)を90本で990円
化粧板 メラニン化粧板(t=4mm)[グラビオ]が9850円
取っ手 9個で4716円
キッチンボード用両面テープ 2本で1001円
キッチンボード用接着剤 598円
シーリングガン 170円
木工用ボンド(500g) 368円
<合計> 約3万円(29793円)

・なお、これを改造して、キッチン棚で「奥のモノを取りやすく」の記事を参考リンクします。「箱(容器、ボックス、ケース)」活用です。こちらも、いい感じです。

【DIY】キッチン棚で「奥のモノを取りやすく」する簡単で安い4つのアイデアキッチン棚で、「奥のモノを取りやすく」するための、簡単で安い4つのアイデア(工夫)です。要するに、「入れるモノに応じた箱(容器、ボックス、ケース)」です。「箱(容器、ボックス、ケース)」なので、汎用性も高いです。「①ラベル付き」「②2段と1段の使い分け」「③穴あき」「④短い箱」が4つのアイデア(工夫)です。 ・奥まで同じグループなので、手前から見て、中身が判断できます。「買い置き」は、奥に収納です。「引き出し」よりも、機能的になったと考えます。...

キッチン引き出しを「ホワイト化

キッチン開き扉を引き出しにしました。色も木目調からホワイトにしたので、元からあったキッチン引き出しも合わせて、「ホワイト化」です。

<改造後(上の二つです)> ※下の3つは以前に改造したモノ

<改造前(上の二つです)> ※下の3つは以前に改造したモノ

作り方ポイントは以下の通りです。

①リフォームシート(60cm×5m) 「柄がないホワイト」がなかなか見つかりませんでした。柄ありが多かったです。
②リフォームシート貼りをトライしましたが、接着しにくいです。 キッチン引き出しの汚れも極力無くしましたが、剥がれます。剥がれやすいので、空気も入ってしまします。そこで、「プラーマー」で下地処理をしました。バッチリです。
③「プラーマー」塗布のため、マスキングテープを使いました。 無くてもよいと思いますが、塗布面とそうでない面の境界が波打つので、使った方が直線的で好ましいです。(文房具用定規の幅が25mmだったので、それで合わせて、マスキングテープです)
④引き出し前面を包むように寸法取りを行いました。 折り返し部分は、20mmにしました。③の25mmと丁度良いです。
⑤リフォームシートを接着する際に、コーナーをうまく処理する必要があります。 添付資料の連続写真でご確認ください。
⑥リフォームシートの接着で「面」には、スキージよりも雑巾が適していました。 雑巾の方が広い部分を抑えられるので、空気が抜けやすいです。ゴシゴシする感じです。スキージは端面近くのみの限定使用で。

費用面や使用治具をまとめておきます。

リフォームシート (60cm×5m、ホワイト) 2088円 TAKARAFUNE  ※約3m残りましたが、何かに使います。
プラーマー (コニシ、BSP-7N) 673円 100gのミニサイズで丁度良いです。
マスキングテープ (以前からの保有分)
スキージ (以前からの保有分)
雑巾 (家にあったモノで)
<合計> 約2700円

・別の引き出し(4つです)も同様に。以下です。

<連続写真(コーナーの処理方法)>

キッチンの吊り戸棚

キッチンの吊り戸棚を自作しました。以前のキッチンでは何もありませんでした。上段(1800mm)と下段(900mm)の二段にしました。下段は、流し台があるので、半分の長さにしました。この板を木材フレームで支えました。天板にボルト活用で接合です。

作り方ポイントを以下に示します。

①板の厚みは、18mmは必要。 木材プレートの間隔が約90cmもあるので、あまり薄いと曲がると思われます。
②木材プレートを天板につける部分に苦労しました。 結論として、下の写真に示すように、金属版とボルト/ナットの組み合わせにしました。天板側から撮影しました。(乗せるモノも含めると相当な重量なので、それに耐える工夫が不可欠)
③細かい点ですが、幅250mmの板で、木材プレートの内寸を同じ250mmで設計しました。 丁度入るはずでしたが、ギリギリすぎて、組み立てるのに苦労しました。内寸は、250+2mmの余裕寸法が必要と思います。(ホームセンターで機械カットしてもらいましたが、その寸法ブレと組み立てズレが常にありますので)
④金属プレートに使うボルトの頭は、「丸型」にしました。 以下の様に、すこし出っ張っていますが、やむを得ないです。(最初は「平型」にしていましたが、金属プレートの穴から頭が「丸型」よりも、出てしまいました。「丸型」がお勧めです。)

・組み立て時の木ネジ用の「電動ドライバー(電動ドリル)」に関する関連記事「電動ドライバーの買い方は、バッテリー2個も含めた3つのポイント重視で」です。https://daijoubudayo.com/diy/screwdriver/

・部材費は、以下の通りです。

上段 (1800mm×250mm、t=18mm)の板:市販で約2400円
下段 (1800mm×250mm、t=18mm)の板の半分:市販で約1300円
木材 30mm×24mm、l=1820mmの木材を3本:約300円×3本=900円
<合計> 4600円
・安くするなら、板が検討対象です。t=18mmで白くて安いモノがあれば。
その他 (他にも、金属板やボルト/ナットや木材接合のためのネジ等)

流し台下のゴミ箱

流し台下のゴミ箱ですっきりレイアウトを目指しました。引き出し棚を自作して、簡単に引き出せるようにしました。

いい感じになりました。ゴミ箱が無しの状態が以下です。ゴミ箱ケースをレールの上に載せました。レールは底板に接合です。

作り方ポイントを以下に示します。

①レールは、ゴミ箱サイズに合わせて、長さ310mmの2本です。 もちろん、もっと長いレールにすれば、それだけゴミ箱が前に出てきますが、ゴミで重量大になるとレールが曲がりそうです。今回は、ゴミ箱の半分くらいが出るようにしました。
②一番、苦労したのが、レールと底板の接合です。 底板がt=9mmを使用できれば、長さ8mmのネジが使えたのですが、底板が厚いと、ゴミ箱の上がつっかえるので、やむを得ず、底板がt=3mmを使用しました。結果として、ネジが使えないので、接着剤で接合しました。横方向の力がメインなので、大丈夫と考えます。
③底板と流し台の底の接合です。 流し台の底は、ステンレス製なので、ネジを切るのは、可能ですが、なるべき傷つけない方法を模索しました。両面テープも可ですが、月日が経つと粘着剤が劣化するし、避けたいです。漬物石があったので、底板の奥に置きました。これで動きません。
④細かい点ですが、ゴミ箱の底よりも上部が大きいので、ゴミ箱の底に合わせて、ゴミ箱ケースをつくると上が入りません。 従って、ゴミ箱ケースは上部がすこし大きめの設計で工夫しました。なお、ゴミ箱の底とゴミ箱ケースの底の余裕寸法は+2mmがお勧めです。きっちり過ぎると入らなくなるので。
⑤ゴミ箱ケースの高さは、15cmとしました。 低すぎるとゴミ箱が倒れてしまうし、高すぎると材料が無駄なのと少し重くなるので避けました。

部材です。なお、今回の底板等は、余りを活用したので、ゼロ円でした。

レール (長さ310mm、t=10mm)が2本:2本セットで678円
皿ネジ (長さ8mm)でレールを木材に止める
底板 (207mm×455mm、t=3mm)
ゴミ箱ケース (207mm×310mm、t=9mm)の板が全5枚
木工用ボンド (以前からの保有分)
<合計> 板も購入すれば、約1000円

まとめ

DIYで、キッチン回りのリフォーム(リノベーション)で、キッチンボート/吊り戸棚/ゴミ箱の作り方(改良)です。キッチン回りが、新しくなり、気持ちが良いです。
・特に、「ホワイト化」で明るくなりました。

皆さんのご参考まで(^^) 何かあれば、お気軽にお問い合わせください。

2020年11月22日
更新日:2020年12月5日
更新日:2021年1月11日

関連記事

上記も含めた、本ブログのDIYカテゴリー(猫モノ、格子戸活用、リノベーション/リフォーム、ホームガーデン、バラフェンスなど)の記事リスト(約30件)です。他の記事も、どうぞ。
・各記事の左上に「検索窓」があるので、気になるキーワードを入れて頂ければ、ご要望の記事があるかもしれません。

【記事リスト】「DIY」カテゴリー(猫モノ、バラフェンス、野菜/果物、格子戸など)本ブログ「大丈夫だよblog」のDIYカテゴリ(猫モノ、バラフェンス、野菜/果物、格子戸など)の記事リスト(約30件)です。グループ別に記載し、ベスト5の人気記事に★してあります。...
ABOUT ME
雲(関西人)です。DIY(猫モノ、バラフェンス、野菜/果物、格子戸)、お金と時間の節約(ネットワーク関連、自動車関連、購入と修理、確定申告/税金/年金、メルカリ活用)、独り言(水槽、ブログ、仕事、猫と人間)を中心に、オリジナルな視点で、生活の知恵を書きたいと思います。写真多めです。 ・何かあれば、お問い合わせください。励みになりますので… 今後とも、よろしくお願い致します。Instagram(ユーザーネーム: shimaishitsupo)も、私なので、こちらも、どうぞ。